審美歯科Q&A

審美歯科に関するQ&A

Q

審美歯科ってなんですか?

A

歯を白くしたり、きれいな形に整えたりする等見た目を美しくして機能性も向上につなげる歯科治療です。

しかし、ハートフル歯科では審美歯科でも「予防歯科の中にある審美歯科」という考え方もしています。

虫歯治療も銀歯ではなくセラミックを使用して、結果的に将来虫歯になるリスクを減らせれば、それも「予防」と言えます。
美しくなりながら、機能的に、長期に安定した口腔内の環境を作る矯正も時にご提案します。
将来一本でも多く自分の歯を残してほしい。そのためには審美治療をした後、10年後のあなたの歯も大切にしてほしい。

審美歯科と、美容歯科とは、異なります。
美しさの為なら多くの犠牲を払っても良いとは、考えません。
患者さんの年齢、生活環境、予算など考え、将来に渡ってのお口の健康アドバイスの中での審美歯科治療をご提案します。
時に、患者さんの希望と異なることも出てきます。しかし、歯科医師として、医療人としてのモラルだけは、忘れません。

ハートフル歯科では、審美歯科も「予防歯科」と考えているからです。

Q

保険は適用されますか?

A

保険外の治療になります。
保険は、人が生きていく上での最低限の治療と定義されていますので、治療の数年後の結果や、見た目といった点は考慮されていません。あくまでも機能すれば良いというのが考え方です。「美しい歯」のための治療には保険が適用されません。

あくまで審美歯科は、きれいにする為に削ったり矯正したりすることを指します。
ある意味病気では、ありません。

そこで、保険は適応されません。

Q

メタルフリーとはどういうことですか?

A

銀歯を使用していない口腔内のことです。

先進国で虫歯治療に銀歯を使っているのは日本のみとなりました。
歯科治療で使用している材料は、進歩していますが、保険治療の材料は、戦後と同じものをそのまま使用しています。
歯科医療の技術の進歩は、あまり反映されていません。残念です。

金属は、お口の内だけの問題ではなく、体全体のことを考えても良いとは言えません。
金属アレルギーの方には、体に大きな変化が現れます。蕁麻疹や発赤、掌蹠膿疱など皮膚に症状が現れます。


ハートフル歯科は、できるだけ多くの方に「メタルフリー」な口腔内でいてほしいと思っています。

Q

白い歯の素材はなんですか?

A

セラミック(陶器)を使用します。

セラミックは、天然歯に組成が近く、金属よりも、身体に優しい素材です。
毎日、硬いものやわらかいもの、甘いもの辛いもの、熱いもの冷たいものを口に入れます。
セラミックはどのような食べ物でも安心して食べられます。陶器ですから、変色する心配もありません。

Q

セレックとはどういうものですか?

A

通常、技工所で制作するセラミックのかぶせ物や詰め物を院内で加工可能な機械です。
通常は、技工所で制作するため1、2週間程度の時間をかけていましたが、セレックであれば、当日制作して治療が行えます。型取りの必要もありません。
おう吐反射など口に何かを入れるのが苦手な方にもオススメです。

もちろん、即日でなく2回に分けて来院いただくことも可能です。
その場合は型をとりますが、セレックを使う場合、治療している歯とその隣の歯のみで良いため、保険治療の型取りよりもご負担を軽減して治療が行えます。

Q

金属アレルギーでも大丈夫ですか?

A

メタルフリーのセラミックを使えば金属アレルギーの方も心配ありません。
また、既存の銀歯と反応する心配もないのでセラミックをおすすめしています。

金属アレルギーの方が近頃増加してきているようで、銀歯を入れるまで気が付かなかった方や、急にアレルギー体質になってしまったという方もいらっしゃいました。
花粉症と同じく、遅延型アレルギーです。ある日突然、発症します。

金属は、唾液で溶けてイオン化して体内に入ります。
そうなるとアクセサリーなど外部で触れている金属や体内に入った金属が反応して炎症を起こし、症状が現れます。
アレルギー反応も人によって異なり、原因が「銀歯」であることがわからないこともよくあるようです。

症例によっては、銀歯をセラミックに変えたら続いていた炎症が治まったということも多くあります。
体内に蓄積された金属イオンはすぐに減ることがないので、なかなか完治しないのが現状です。
だからこそ、症状の発言する前に銀歯をやめてしまうことも一つの手立てです。

将来の安全のためにも、セラミックは自信を持っておすすめできます。

Q

どのくらいもちますか?

A

銀歯は通常長くても4-5年程度で変える必要があります。(セメントの接着や劣化が一番の原因です。)
セラミックは90%以上の方が10年以上保っています。
きちんとメンテナンスを継続していれば、セラミックは天然歯と同様ずっと残すことが出来る素材です。

古代中国では、陶器は何千年も前のものが今でも残っていることもありますし、磨けば美しさを回復することが出来ます。
大事に保存しているものがきれいに残っているのは当然です。

お口の中のセラミックも同じです。天然歯と同じように毎日大事にお手入れしていれば、それだけ長く使用することが可能です。

Q

着色はしませんか?

A

陶器なので着色しません。毎日磨けばきれいに保つことが出来ます。

ただし、セラミックはホワイトニングが出来ないので、さらに白くすることを希望する方は、他の歯をホワイトニングしてからその歯の色に合うセラミックを選ぶことをおすすめします。

Q

保証はありますか?

A

はい、あります。
保険外のセラミック治療についてはすべて5年間の保証が付いています。

ただし、定期的にメンテナンスに通う事が条件になります。