研修レポート

2015.09.26更新

課題図書「マイナス一歳から始めるむし歯予防」を読んで

むし歯予防と聞いて、甘い物を食べないや歯磨きの徹底など
を思い浮かべていましたが、キシリトールガムやタブレットを
噛むだけなら、もっと簡単に出来そうだと感じました。

赤ちゃんが生まれてくる前にご家族からの感染リスクを
減らすためにも有効で、手軽な方法です。

一般に言われる「噛み与えをしてはいけない」「スプーンなどを共有しては
いけない」「二歳になるまでショ糖を与えてはいけない」などの
禁止のような事項は、実践していくのにも努力が必要であるように感じます。

しかし図書にもあるように最小限の努力で最大の効果が
得られるのであれば実践を継続していくのも難しいことではないと感じました。

まずは妊娠期のうちにご家族の口腔内にいるむし歯菌を
ローリスクな菌に変えるためにお父さんお母さん、おじいちゃん
おばあちゃんたちがキシリトールでケアし、出産後はお子様自身に
キシリトールガム等を与えることでよりむし歯になるリスクを
減らすことが出来ると分かりました。

お子様の健康な歯を守るために、毎日の歯磨きや歯科医院での
定期検診等努力されていながらもお子様のむし歯に
悩まれているお母様にこそ、おすすめしたいプラス10点です。

困っている患者様がいらっしゃったら積極的にアドバイスが
出来るようおぼえておきたいです。

投稿者: 医療法人社団徹心会