研修レポート

2015.10.02更新

今すぐできるむし歯のない子どもの育て方を読んで

子どもを持つ親であれば誰もが関心をもっているだろう、子ども達のむし歯。大人が正しい知識をもって大切な子どもたちの歯を守っていくようにしなくてはならないと感じました。
大きくは3段回のピークがあり、乳歯がはえる2歳くらいまで、永久歯がはえる6才、永久歯がはえ終わる12歳とのことで、こんなにもはやい時期にむし歯に感染してしまうのかと、驚きました。
そのため、健康な歯でいられるように親も子どもが生まれる以前から、
むし歯予防についての正しい知識をつけておく必要があると感じています。
赤ちゃんの乳歯は6ヶ月ごろから萌えてきますが、その歯がつくられているのは妊娠初期なので、妊娠中の健康的な食生活、豊富な栄養素をバランスよくとることが最も大切な妊娠中の歯育てだと思います。
そして、生まれてからは日々のケア、仕上げ磨きや正しい歯磨き習慣を身に付けること、
歯科医院での定期的なチェックを受けることの大切さを再確認しました。

投稿者: 医療法人社団徹心会