本山先生エンドマスターへの道

2016.11.18更新

こんにちは。
三鷹市 ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科歯科医院、
三鷹ハートフル矯正歯科医院を含む、
ハートフル総合歯科医院グループ 
歯科医師 本山です。 

 

今回は、「歯根破折」について書きたいと

思います。

 

歯根破折とは垂直的もしくは水平的に

歯が割れている状態です。

原則、歯の保存は不可能な状態です。

しかし、破折しているかどうかは

視認によってしか確認できませんが、

その状態が最初にマイクロスコープによって

根管内に確認できる場合と

外科的処置によって確認できる場合があります。

 

今回の症例は後者になります。

 

 <症例⑪>

75才  女性

主訴:右上第一小臼歯に違和感がある。

 panorama

 初診時のレントゲン写真です。

 右上奥歯にはブリッジが入っています。

 このようなケースは“歯根破折”も視野に入れて

 治療を行なっていきます。

 破折を確認した場合、状態にもよりますが

 保存困難な可能性があります。

 

 kontityu 

 根管治療中です。

 根尖付近にあったsinus tract(瘻孔)も

 過去に充填されてあった充填材を除去し、

 清掃・消毒を行っていくと

 消失していきました。

 しかし、違和感はなかなか消えませんでした・・・

 

 micro

 根管内をマイクロスコープにて確認。

 内部には破折を疑うような破折線は

 ありませんでした。

 根管内の清掃状態もマイクロスコープ下にて

 確認後、根管充填を行うことにしました。

 

 konjyu

 根管充填後です。

 側枝まで根管充填できています。

 しかし、数日後根管充填後消えていた

 sinus tractが再び現れました・・・

 

 hasetu

 患者様の同意の元、外科的根管治療

 行うことにしました。

 歯肉を切開し剥離すると、はっきりと破折線が

 見えてきました。

 原因はやはり“歯根破折”でした。

 ブリッジによる過重負担が長い年月とともに破折を

 引き起こしたのではないかと推測しました。

 

 今回のケースは根管内には破折を

 確認できませんでしたが、

 根管外には破折が認められ、それによって

 予後不良な状態を起こしていたケースでした。

 この患者様の場合は歯根端切除術を行い、

 破折線付近を清掃し、MTAにて外側からも

 封鎖しました。

 現在、経過観察中です・・・

 

 神経をとった歯は神経がある歯と比べると、

 脆弱であると言われています。

 このような状態の歯にはブリッジではなく、

 欠損部には隣接歯に負担のかからない

 インプラント治療を行い、根管治療後の歯は

 単独の被せ物が最適ではないかと

 私は根管治療を行いながら

 いつも患者様にお話しています。

 

 “すべては患者様の笑顔のために”

 今後ともよろしくお願い致します。 

投稿者: 本山 直樹

SEARCH

CATEGORY