本山先生エンドマスターへの道

2019.10.03更新

こんにちは。

 

いつもありがとうございます。

 

東京都 三鷹市 ハートフル歯科医院、武蔵野市 ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科医院、三鷹ハートフル矯正歯科医院 歯科医師 井上貴史です。

 

今回は部分矯正(MTM)を行ったケースです。MTM(Minor Tooth Movement)の略です。今回のケース部分矯正(MTM)はエクストルージョン(挺出)のことです。

 

今回のケースは歯の頭の部分(歯冠部)と歯の根(歯根)の一部に水平的に破折を起こし歯肉の下まで健全な歯質がない状態を引っ張り上げて歯の根(歯根)を動かします。歯肉の下まで健全な歯質がない状態だと被せ物が入れることが難しかったり、被せ物を入れても予後がよくない可能性が高いと言われています。健全な歯質が十分にあることや歯の根(歯根)の長さが十分にあることなどエクストルージョン(挺出)の治療が適応なのか診査診断を行います。

 

実際の部分矯正(MTM)を行ったケースとなります。

 

患者さんには治療写真やレントゲン写真などの資料を使用させて頂くことを十分に説明させて頂き同意を得て使用させて頂いております。

 

 

mtm

 

 

患者さんの主訴は左上前歯がグラグラ揺れてとれそうと来院されました。

 

治療の説明をし、同意を得て治療を開始いたしました。

 

mtm2

 

ワイヤー装置を取り付けフックに矯正用ゴムをかけます。適正な位置にまでゴムを交換をしていきます。

 

mtm3

 

 

仮歯で咬み合わせや歯肉の状態や形態なとを確認して最終的な被せ物(補綴)を入れました。

 

現在はメインテナンスに入っています。今後も注意深く経過観察していきます。

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

井上貴史

投稿者: 本山 直樹