本山先生エンドマスターへの道

2019.06.15更新

こんにちは。
三鷹市 ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科歯科医院、
三鷹ハートフル矯正歯科医院を含む、ハートフル総合歯科医院グループ 
歯科医師 本山です。

 

日本2

 

6/15(土)・16(日)、第40回日本歯内療法学会

学術大会に出席してきました。

今回のテーマは、

「超高齢社会での歯内療法の役割」でした。

 

日本

 

実は私、日本歯内療法学会への参加は

今回が初めてでした。

会場も徐々に人が増え、海外招待講演の

ペンシルバニア大学のMartin Trope先生の

講演時には沢山の先生方が傍聴されていました。

また、日本大学歯学部摂食機能療法学講座の

植田先生が、「リハビリテーションの理念を

応用した要介護高齢者に対する歯科保存治療の

考察」について講演して下さり、

非常に興味深い講演でした。

口から食べれるか、食べれないかで

受け入れ先の施設が決まり、

患者さんの人生が大きく変わると

仰られていました。

在宅、施設、歯科診療所だからこそできる

責務があるのではないのか?

歯科治療を行うにあたり、補綴や外科治療の侵襲に

耐えられるかどうか、そこで歯内緩和治療、

顎堤の保護、歯根膜受容器の保護といった

支持歯としての評価を持って

残根上の義歯など介護高齢者に対する

治療について熱の入ったお話を

聞かせていただきました。

 

そして、2日目のテーブルクリニックは

熱気がすごくとても盛り上がっていました!

下田先生の同級生である藤本研修会でも

ご一緒させていただいた青森の上松先生も

発表されており、“仮封の重要性”について

教えていただきました。

また、澤田先生のニッケルチタンファイルを

使用したネゴシエーションも

非常に勉強になりました。

学会に行くといつも刺激を受けるので

少しでも患者様の役に立てるように

学んだ知識を還元できるように

明日から頑張りたいと思います。

 

“すべては患者様の笑顔のために”

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

2019.01.29更新

こんにちは。
三鷹市 ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科歯科医院、
三鷹ハートフル矯正歯科医院を含む、ハートフル総合歯科医院グループ 
歯科医師 本山です。

 

関東

 

1/27(日)、関東歯内療法学会

第18回学術大会・総会に参加してきました。

今回のテーマは、

「必見!ここまでわかるCBCT時代の

デンタル・パントモ読影術」

CTについての学会です。

 

当院においても根管治療を行う中で

CTを必要に応じて撮影しております。

通常のレントゲン撮影では

判別困難な症例などに非常に有効です。

マイクロスコープやCTが

どんどん標準化されていく中で

大切なことは、使い方やタイミング

レントゲンの読影力などまだまだ

勉強しなければいけないことが

多いということを痛感しました。

 

“すべては患者様の笑顔のために”

今後ともよろしくお願い致します。 

投稿者: 本山 直樹

2018.11.01更新

こんにちは。
三鷹市 ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科歯科医院、
三鷹ハートフル矯正歯科医院を含む、ハートフル総合歯科医院グループ 
歯科医師 本山です。

 

10/21(日)、日本歯内療法学会における

専門医取得のために

認定臨床研修会を受講してきました。

東京会場である日本歯科大学へ

 

s

 

今回、私が受講したカリキュラムは

カリキュラムⅠ 

「歯内療法における診査・診断」です。

h 

 

診査・診断は全ての治療において

最も重要と言っても過言でありません。


最良の治療を行うためには、

最初に「正確な診断」を行うことから

始めなければなりません。

そして、治療は診断が確定してから

行われます。

診断が不明確、患歯の特定が困難な場合、

治療を進めるべきではありません。

「待機的診断」が必要になります。

今日は一番大事な核となるところを

教わりました。

 

日々の研鑽を怠らず、

患者様の主訴に耳を傾け

診査・診断を正確に行えるように

努力していきたいと思います。

 

 “すべては患者様の笑顔のために”

今後ともよろしくお願い致します。 

投稿者: 本山 直樹

2018.10.25更新

こんにちは。
三鷹市 ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科歯科医院、
三鷹ハートフル矯正歯科医院を含む、ハートフル総合歯科医院グループ 
歯科医師 本山です。

 

今回は、「MTAをどのように使うか?」について

書きたいと思います。

 

再根管治療の場合、 

根尖孔(根の先)が大きく開いているケースに

遭遇することがよくあります。

根管は機械的拡大、清掃、消毒まで終了後、

根管充填により根管を封鎖する必要があります。

 

根管充填の目的としては

以下の点が挙げられます。

(1)根尖孔や根管口からの再感染となりうる

    交通路の封鎖

・根尖孔からの組織液の侵入を防ぎ、

・根管口から口腔内由来の細菌が侵入するのを

 防ぎます。

(2)根管内の除去できなかった細菌や刺激物を

   埋葬する

・細菌を埋葬して不活性化させ、再増殖を

   防ぎます。 

 

根尖孔(根の先)が大きく開いている場合は、

通常の根管充填材では

根の先端より先に充填材が出てしまい、

そのことにより異物反応が起こることがあります。

根尖孔(根の先)が大きく開いた場合の

リペアとしてはMTAを使用します。

 

MTAの性質としては以下の特徴があります。

<利点>

親水性であるため湿潤下でも硬化します。

また生体親和性もよく、抗菌作用も持ちます。

さらに硬化時に僅かに膨張することと、

根管壁と接するMTA表面の境界にアパタイト結晶を

生成するため封鎖性にも優れます。

<欠点>

操作性が劣ります。

また一度硬化すると取り除くことは困難です。

根管充填材としては薬事未承認であるため、

保険外治療となります。

 

最近、来院された患者さんの症例になります。

右下7番の根管治療を他院で治療中

痛みはないが、根尖部の腫脹を繰り返しており

抜歯が必要と診断され、セカンドオピニオンで来院 

 

d 

術前です。

歯肉が腫れている状態です。

 

mta

 

術前のレントゲンです。

 

根管内をマイクロスコープで確認すると

根管内には以前の根管充填材が

入っている状態でした。

しかし、根管内にはむし歯が多く残っており

このような環境下では精密根管治療を

行うことは困難であり

まず、むし歯の除去から始めました。

次に根管内を確認すると

根尖孔が大きく開いていました。

通常の根管充填材の対応は困難と診断し、

MTAを使用することにしました。

 

p

以前に充填されている

ガッタパーチャが見えます。

その上の部分にはむし歯が壁についている

ことが分かります。

 

p

根尖に出血が見られます。

根尖が大きく開いているのが分かります。

 

h

根管内を清掃、消毒後

根尖の出血もなくなっています。

MTA充填への準備が整いました。

 

m

MTA充填後です。

 

MTA 

術後のレントゲンです。

 

根管充填を行う場合に

充填材が根尖部からオーバーせず

緊密に根管内に充填することができれば

予後の良い結果になりうると言われています。

今回のように根尖が大きく開いている

ケースの場合など的確な診断を行うことで

その症例に適した治療法を選択する事ことが

大切なことであると言えます。

 

 “すべては患者様の笑顔のために”

今後ともよろしくお願い致します。  

投稿者: 本山 直樹

2018.10.17更新

こんにちは。
三鷹市 ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科歯科医院、
三鷹ハートフル矯正歯科医院を含む、ハートフル総合歯科医院グループ 
歯科医師 本山です。

 

「神経が死んでいる、腫れている」

このような症状がでたことはありますでしょうか? 

 

先日、メンテナンスの患者さんより

口腔内において右上の奥歯が腫れて

膿が出ていると言われました。

口腔内を確認すると、sinus tract(膿の袋)を

見つけました。 

あ

 

レントゲン撮影を行うと、

神経処置がされていない歯であり

根尖に病変を確認することができました。

神経が死んでいる状態です。

細菌感染により、神経が死んでしまい

腐敗して化膿していることが分かります。

神経治療が必要となります。 

い

 

ブリッジを除去すると、

やはりむし歯になっていました。 

う

 

根管口部付近までむし歯の進行が確認できます。

え

 

むし歯を除去した後です。

お

 

か

 

き

 

現在は根管充填まで終了し、土台を築造して

ブリッジを新製し装着するところまで

終わっております。

経過良好です。

 

 “すべては患者様の笑顔のために”

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

2018.10.09更新

こんにちは。
三鷹市 ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科歯科医院、
三鷹ハートフル矯正歯科医院を含む、ハートフル総合歯科医院グループ 
歯科医師 本山です。

 

お久しぶりです。

しばらく、ブログの更新が止まっていました。

すいません…

 

先日、第8回ワールドデンタルショー2018

パシフィコ横浜へ行ってきました。

野田先生と本田さん、

長谷部さん、小川さんの

技工士メンバーと一緒でした。

「楽しい!」

この一言に尽きます・・(笑)

やはり目に付くのは、

根管治療の器具・器材ですね。

 t

以前から気になっていたMORITAの

トライオートZX2について

教えてもらうために

MORITAのブースに行ってきました。

トライオートZX2はコードレスです。

少し重い感じもしますが、

使いやすそうです。

最大の長所は根管長測定機能を

搭載していること!

そのため、1台で穿通 ・ グライドパスを

含む根管拡大形成を根管長測定機能との

連動により、より速く行うことが

可能になるわけです。

ほ、ほしい・・・

いけない、いけない・・(笑)

メインは野田先生の御伴でした。

 

デンタルショーの後は、みんなで中華街に

食事に行きました。

久しぶりの中華街・・・

家族にも江戸清の豚まんを

お土産に買って帰りました。

また、色々とご報告させていただきます。

 

 “すべては患者様の笑顔のために”

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

2017.11.06更新

こんにちは。
三鷹市 ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科歯科医院、
三鷹ハートフル矯正歯科医院を含む、
ハートフル総合歯科医院グループ 
歯科医師 本山です。


先日、11/5(日) 埼玉県所沢市にて
ペンエンドスタディグループインジャパン

(PESCJ)関東支部会に参加してきました。

TK1

 

tk2


所沢市は私の地元です。
講演会場も「航空公園」と、子どもの頃よく遊びに行った場所であり、
久しぶりで懐かしかったです。
講演は30名程の先生方が参加しており、
会場は満席でした。
今、根管治療を勉強される先生が増えているという話をよく耳にします。
皆さん、より良い治療を求めて休日返上で

勉強されており、このような場所に行くと

私もいつもいい刺激を受けて力が湧いてきます。

 

TK3


ペンエンド関東支部会では
世界基準の歯内療法において実践にて抑えるべき基本を教えていただく
講演会となっております。

講演会アウトライン

①歯髄と根尖部の診査・診断

②根尖性歯周炎の難治化

③無菌的治療の重要性と無菌的処置の実際

④根管形成・根管洗浄

⑤根管貼薬・根管充填

⑥根管治療後の修復処置

⑦外科的歯内療法


私も再度復習を兼ねて、勉強に行ってきました。
講師の先生方もPESCJの年間プログラムを優秀な

成績で修了されており、実際の根管治療における

疑問点などの解決法を教えて下さりました。
今の自分の治療の見直しにもなり、非常に有意義な1日となりました。
ありがとうございました。

今後の臨床に生かしていきたいと思います!

 

“すべては患者様の笑顔のために”
今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

2017.06.14更新

こんにちは。
三鷹市 ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科歯科医院、
三鷹ハートフル矯正歯科医院を含む、
ハートフル総合歯科医院グループ 
歯科医師 本山です。
今回は、懐かしい治療法を発見したので

ご説明させて頂きたいと思います。
根管治療における最終段階の根管充填に

関するお話です。
根管治療は、根管を拡大・清掃した後に

樹脂材料(ガッタパーチャ)を用いて
緊密に根管封鎖することで完了します。
しかし、今から遡る事20~30年前には

綿栓(コットン)による根管充填(以下、綿栓根充と略させて頂きます。)

という方法が用いられることがありました。
綿栓根充は現代のセオリーである緊密さとは程遠い

かなりラフな形ではありますが、
根管内の状態によっては

良しとされていたものだったそうです。
現在では、綿栓根充を行う先生は

ほぼいらっしゃらないと思われますが、
当時はそのような根管充填を行っていたわけです。


現代における根管充填のスタンダードは

ガッタパーチャを用いた側方加圧根管充填法、
垂直加圧充填法が主流となっております。
また、最新の根管充填法としては

バイオセラミックシーラーを用いた根管充填も
学会などで報告されております。
バイオセラミックシーラーの場合は、自費根管治療になりますので

詳しくは担当歯科医師までよろしく

お願い致します。

 

 

“すべては患者様の笑顔のために”

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

2016.11.24更新

こんにちは。
三鷹市 ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科歯科医院、
三鷹ハートフル矯正歯科医院を含む、
ハートフル総合歯科医院グループ 
歯科医師 本山です。

 

今回は、「マイクロクラック」について書きたいと思います。

クラックというのは、“ひび”のことです。

過去にも何度か書いているかと思います。

先日、下記にあるような患者さんが

来院されました。

症状だけで判断すると、抜髄(神経をとる)と

考えてしまいそうですが、口腔内を観察すると

銀歯の不適とその周辺にクラックが認められます。

これはもしかしたらクラックが神経まで

達していなければ神経を温存できる

かもしれないと考えました。

 

それでは症例をご覧下さい!

 

 <症例⑫>

57才 女性

主訴:左下第一大臼歯、咬むと痛い。

   ズキズキする。

術前① 

初診時です。

銀歯が 入っていますが、赤い丸印をご覧下さい。

銀歯と歯質部分に不適が見られます。

また、マイクロスコープ下にて矢印部分にマイクロクラックが確認できます。

 

インレー除去

銀歯を除去してみると、むし歯があるのが

分かります。

 

1234

むし歯を除去していくと、横方向にクラックが

確認できます。

咬合力により、このようなマイクロクラックが

起こると、そこから細菌感染し痛みを伴う症状が

出ることがあります。

その場合、ケースによっては歯髄炎を起こし

激しい痛みを引き起こすことがあります。

ちなみにこの患者さんは全体的に咬耗が

みられるような口腔内状態でした・・・

ただし、クラックの診断は非常に難しく、

歯髄炎のような症状を起こすことがあります。

そのため、今回はクラックが

どこまで進んでいるかの診断と

クラック部分におけるむし歯を除去し、

一度裏層材にて補強し

経過観察を行うことにしました。

症状によって、処置内容の決定を行います。

痛みが落ちついているようであれば、

頬側部分の咬頭を被覆した

セラミックを被せていく予定です。

 

カリエス

クラック部分のむし歯を除去したところです。

 

でんてぃん 

裏層材にて補強を行ったところです。

この状態にて経過観察を行っていきます。

 

keisigo

経過観察後、痛みもなくなりました。

セラミックの1 DAY トリートメントを

行なっていきます! 

形成後です。

頬側の破折部分も被覆するような

形態にしております。

 

j1

セラミックの被せ物をセットした状態です。

咬合面観です。

 

j2

頬側面観です。

経過良好です。

継続して経過観察を行なっていきます。

 

どのような治療においても、

まず診査・診断から始まります。

「痛い⇒神経をとる」

「痛い⇒歯を抜く」

このような話をよく聞きます・・・

正確な診断は、歯を残すことにもつながります!

天然歯に勝るものはありません。

ハートフル歯科では、診査・診断を

重視しております。

 

“すべては患者様の笑顔のために”

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

投稿者: 本山 直樹

2016.11.23更新

こんにちは。
三鷹市 ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科歯科医院、
三鷹ハートフル矯正歯科医院を含む、
ハートフル総合歯科医院グループ 
歯科医師 本山です。

 

“第2回米国歯内療法専門医 日本協会セミナー”

参加してきました。

米国歯内療法専門医セミナー

このセミナーは石井先生をはじめとする

5人の米国歯内療法専門医の先生方が

最新のトピックスを含めて各々御講演して

いただきました。

 

今回はその中から一つのトピックスについて

書きたいと思います。

「リバスクライゼーション」です。

田中浩祐先生が“歯内療法領域の再生療法”と題して

御講演して下さいました。

再生療法と言えば、山中伸弥教授の

iPS細胞が有名ですが、

リバスクライゼーション?、

何だか耳慣れないこの言葉…

しか〜し、最近話題のトピックスなのです。

リバスクライゼーションは、

歯根未完成歯における歯髄の治癒のパターンの

1つです。

パルプ・リバスクライゼーション

(pulp revascularization)は、

いったん死んだ歯髄組織

(=虚血性変化に陥った歯髄組織)に

根尖孔から毛細血管が増殖(再生)し、

それにともない歯髄組織由来の

細胞が再生着(repopulation)するような

治癒のメカニズムを指します。

新生した組織は電気歯髄診断に正の応答を示すが、

やがて急激な石灰化を起こし歯髄腔が閉塞するのが

最終的な治癒像と言われています。

 

一般的には我々の身体にどこか傷ができて

血が出るとそこに血餅ができてかさぶたになり

治癒していきます。

出血は治癒するために必要なものであり、

悪いものではないと通常は考えます。

しかし、根管治療の場合は根管内から

出血してきたりすると

我々は焦ってしまうものです。

とかく、根管治療においては“出血”は嫌われる

傾向にあります。

一般的な創傷治癒においては出血は非常に大切な

プロセスであるにも関わらずです。

そこで、根管治療においても

根尖孔外で意図的に出血を起こし

根管内へ血餅を誘導し、その上にガッタパーチャで

根管充填を行い病理組織切片をつくり、

血餅があったところがどのような治癒を

していたかを確認してみました。

それによると、そこには線維性組織や

セメント質用組織ができていたそうです。

このことより、出血を起こし根管内へ血餅を

誘導することに害はないのではないかという論文が

50年以上も前に問いかけとして

発表されていたそうです。

 

ここから、さらに再生療法について

聞いてきたことを書いていきます。

再生療法は大きく分けて二つに分かれます。

細胞依存性細胞非依存性です。

前者は外来性の未分化幹細胞を根管系へ移植し

組織再生を促すもの、

後者は内在性の細胞を根管系へ誘導して

組織再生をおこさせるものと言えます。

幹細胞(Stem Cell)が働けるだけの

scaffold(足場)があり、そこに貼り付いて

分化したり増殖できるような場所が

揃っていた時にtissue engineering(再生医学)が

可能になるわけです。

このことを歯に置き換えていきます。

口腔領域において発見されているいくつかの

Stem Cellがあります。

どれに変化するかというのもそれぞれ

異なっています。

これらをエンドではどのように

行なうかという話をする前に

“根未完成歯”について

ふれたいと思います。

konmikansei

根未完成歯の治療法においては、

アペキシフィケーションアペキソゲネーシス

あります。

根未完成歯は、例えるならば底が抜けたバケツの

ようなものです。

では、根が未完成なのでそのままでは

根充できないのか?

当然そこに根充材を入れてしまうと、

歯周組織へと漏れてしまいます。

そのような状態に対応するのが、

アペキソゲネーシスと

アペキシフィケーションです。

アペキシフィケーションとは、根未完成歯において

失活(神経が壊死して死ぬこと)して

region(病変)があり、その場合に根尖を何とかして

閉鎖したい時に用いる治療法です。

アペキソゲネーシスとは、例えば虫歯があり

それが神経に非常に近く、場合によっては

抜髄になるかもしれないケースであるとします。

しかし、根尖が開いており抜髄すると根が

今後成長していくにあたり

いづれ根管壁が厚くなり、

歯髄腔がもう少し細くなり本来であれば

根の成長が行われるところに抜髄してしまうと

その成長は止まってしまいます。

その場合に何とかして歯髄を残して

成長を促したい時に用いるのが

アペキソゲネーシスです。

 

<まとめ>

-アペキシフィケーションと

  アペキソゲネーシスの違い-

アペキシフィケーションは、無髄の根未完成歯に

適用されます。

神経は壊疽や壊死を起こしています。

そのため、ラッパ上に開いた根尖は

セメント質によって閉鎖されることは

ないと言えます。

そこで水酸化カルシウム製剤などを利用して、

骨様象牙質や骨様セメント質により

根尖を閉鎖します。

これは骨に限りなく近い組織と言えます。

一方アペキソゲネーシスは、生活歯髄が残っている場合に適用されます。

その際、ラッパ状に開いている根尖を

生物学的に閉鎖させます。

これは生活歯髄の中に、象牙芽細胞が

存在しているため可能となります。

天然の歯に限りなく近い組織で、

根尖を完成させるということになります。

ちなみに、どちらの処置法においても

根尖が閉鎖された時点で、改めて抜髄および

根管充填を行うことが推奨されています。

つまり、アペキソゲネーシスでは最後まで

歯髄を残すことが目的ではないと言えます。 

根尖をできるだけ自然に近い状態に

持っていくために、行っているわけです。

 

どちらも使用する材料は、水酸化カルシウムを

用います。

最近ではMTAを使用するようにもなりました。

ただし、アペキシフィケーションも利点もあれば

欠点もあります。

根管内の無菌化を図るべく入れる

水酸化カルシウムにより、長期間の経過観察のもと

根尖の閉鎖が行われ、regionの縮小も

認められていきます。

しかし、根尖部の閉鎖は行われましたが

根管壁の厚みは一貫して変わらないのです。

つまり、薄いままというわけです…

最終的には破折のリスクが高まるのです。

これが一番の欠点であり、

またアペキシフィケーションは

デンティンブリッジができるのに

最低1年はかかりますから、

治療期間は長いとも言えます。

水酸化カルシウムの強アルカリによる殺菌力を

期待する反面、長期間になると象牙質の歯質を

弱くしてしまうという欠点があり、

それに加えて薄い根管壁のまま推移していくため

歯頚部付近における破折が起こるわけなのです。

これを克服しようとして

用いられるようになったのがMTAなのです。

MTAの場合は水酸化カルシウムのように

複数回交換する必要がありません。

しかし、これで問題解決とはいかないのです。

回数は少なくなり、治療の期間は短いという欠点は

克服されたのですが、

根管壁の厚みだけは変わらないままとなります。

外力が働いた時の破折のリスクだけは

残る形になってしまいました…

どうにかしてこの薄いままである根管壁を

厚くできないだろうか、

また根未完成であれば歯根長が長くならないか、

長くなるように誘導できないかと臨床家や

研究者たちは考えました。

 

2001年に我が国からリバスクライゼーションの

最初ケースレポートが出ました。

臨床所見として13才の女の子、

右下第一小臼歯の根尖付近の歯肉に

sinus tractが認められました。

レントゲン写真においては根尖部透過像、

また中心結節の破折ありということでした。

そして、歯には生活反応が認められず、

その結果根尖性歯周炎という診断に

なったとのことでした。

麻酔を行わずに髄室開拡をしたところ、

わずかに痛みを訴えとのことで

著者はもしかしたらこの根管系の中に

regionはできているが、

これだけ根尖が広くあいているので生活歯髄、

生きている組織があるのではないかと考え、

通常どおりファイルなどの器具で

根管を触ると生きている組織を

傷つけるのではないかと判断し、

機械的な作業を上部だけに行い、

完全な機械的拡大を行わなかったそうです。

髄室開拡時に排膿を認め、

それを開放処置にして2回目の来院時に

sinus tractの消失を確認したそうです。

2〜5回目には根管洗浄を行い、

洗浄後根管貼薬剤としてメトロニダゾールと

シプロフロキサシンの抗菌薬を混ぜたものを

使用したそうです。

なぜ、抗菌薬を使用したかと言うと

水酸化カルシウムの長期使用による

歯質の脆弱化の欠点があったため、

また抗菌薬による無菌化が認められた

データが過去にあったこともあり

選択したわけです。

5回目には根管内に軟組織が下から

出来上がってきているのが

確認されたそうです。そして、そこにブローチを

おいたところ痛覚を訴えため、

新しくできた組織には感覚があるということが

分かりました。

壊死したものではないという確認が

とれたというわけです。

6回目にはビタペックス、グラスアイオノマー、

レジンにより封鎖しその5ヶ月後には

レントゲン写真よりデンティンブリッジが

形成されているのが確認できたそうです。

30ヶ月後には封鎖したものを外して

リエントリーし、デンティンブリッジに

電気的歯髄診を行ったところ、

生活反応が確認できたという

ケースレポートでした。

このケースにおいては、根管壁の厚みと

しっかりとした根管長が

認められたとのことでした。

このケースレポートから3年後に

2例目のレポートが出されました。

1例目と違うところは、根管内に探針を入れて

意図的に出血を起こさせ、

50年前の論文を背景にtissue engineeringを

持ち込んだところにあります。

血餅を使い、足場にしたというわけです!

CEJよりも3mm下で出血が止まったことを

確認してこれが血餅になるまで

何分か待ち、その上にMTAをおきます。

この後、予後を経過観察していき

最終的には2年後には

生活反応があるところまで

確認できたとのことでした。

 

最後にAAE(米国歯内療法学会)の再生療法を

行う上での推奨事項について

ふれて終わりたいと思います。

1.若い患者であること

2.壊死歯髄であり、根未完成歯であること

3.機械的拡大は行わないか、

 もしくは行ったとしても

 必要最低限にとどめること

4.血餅をつくること

 あるいはたんぱくの足場になるようなものを

 根管内に入れること

5.緻密な封鎖を得られるもので封鎖を行うこと

 

リバスクライゼ―ションを行う上で指標となる

キーワードは“歯根未完成歯”となります。

それでは一体どの程度の歯根未完成具合であれば

処置を行えば良いのか?

その根拠となる論文において、

脱臼した歯を再度再植してリバイタルゼ―ションが

起こった歯と起こらなかった歯の

歯根の未完成具合、根尖の開き具合が

何mmかというのを調べた結果、

1.1mm以上必要という結果が出たそうです。

また、機械的拡大を最低限にするというのは、

根管内は壊死していますから細菌がいます。

細菌がいる場合は再生は起こりません。

無菌化が達成されていないと、

再生は起こらないのです。

機械的拡大を行わないで無菌化を図るためには

洗浄が必要となります。

1.5%の次亜塩素酸ナトリウムと

17%のEDTAの併用が一番良いという

結果が出ているそうです。

封鎖はMTAがベストです!

リバスクライゼ―ションを行った歯は、

歯根幅径が25~30%、歯根長も15%ほど

成長したという報告もあるそうです。

最近の報告ですと、ペンシルバニア大学の

outcome studyにおいて、

complete healingは75%、

incomplete healingは14%

それらを合わせると約90%近く成功しているという

報告があります。

しかし、リバスクライゼ―ションのstudyは

まだ数が少ないため問題があります。

長期予後を評価するランダム化臨床試験が

ほとんどありません。

そして、標準化された治療法の確立はなく、

最終的な結論には至っていないという

ことなのです。

それがないと、術者によって違いがでるため

予後の正確な評価ができないということに

なります。

それでも今後、期待される治療法の一つであり、

再生療法と言いますと最新の器具を使用してという

こともありますが、この治療法は血餅を意図的に

つくるといったものであり、決してハードルは

高くないと言えます。

 

再生療法においてはその発展はめざましく、

歯内療法領域ですでに応用が試みられていること、

今後の展望などについて今回のセミナーで

教えていただくことができました。

 

長文にて失礼致しました。

 

“すべては患者様の笑顔のために”

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

前へ

SEARCH

CATEGORY