本山先生エンドマスターへの道

2014.05.22更新

こんにちは。
東京都三鷹市ハートフル歯科の本山です。

今回は、前回に引き続き外科的歯内療法、
"歯根端切除術"について書きたいと思います。

歯根端切除術とは、
通常の根の治療では治らない場合に、
外科的に根の先を切断、除去する治療法です。

ここで、症例を一つ御覧下さい。

   

   
この症例は、下田先生が治療を行ったケースです。
患歯は、右上第一小臼歯です。
根尖部には元々、破折したファイルが
残っています。
破折したファイルは、除去困難な位置に
ありました。

まず通常の根管治療を行い、
破折したファイルのところまで根管の清掃を行い、
根管充填まで行ったのですが、
痛みが出てしまいました。

そこで、歯根端切除術の適応と診断しました。

   

術後のレントゲン写真を見ていただくと、
破折したファイルも除去され、
根尖部はMTAにて封鎖されているのが
確認できます。

現在、経過観察中ですが、
経過は良好とのことです。

ハートフル歯科では、このようなケースにも
対応しております。

但し、歯根端切除術は全ての歯に対して
適応というわけではありませんので、
詳しくは担当歯科医師までご相談下さい。

"すべては患者様の笑顔のために"

今後とも、ハートフル歯科を
よろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹