本山先生エンドマスターへの道

2014.06.21更新

こんにちは。

東京都三鷹市ハートフル歯科の本山です。

今回は前回の歯根端切除術より、
歯根端切除術で根尖を切除した際に封鎖する
MTAセメントについて書きたいと思います。

まずは、こちらの症例を御覧下さい!

   

   
治療部位は、上顎の右上犬歯です。

根尖から根管充填材(ガッタパーチャポイント)が
飛び出てしまっているのが
レントゲン写真から分かります。

飛び出てしまっている根管充填材を
通常の根管治療で除去することは不可能なので、
歯根端切除術で対応しました。

   

   
根尖を切除し、MTAセメントが入るように
根管充填材を一部除去しています。

   
MTAセメントが充填されたところです。


   
レントゲン写真から
過不足なく充填されているのが分かります。


   
飛び出ていた根管充填材
(ガッタパーチャポイント)です。


MTAセメントを使用する理由としては、
以下のことが挙げられます。

MTAセメントが他の歯科材料と比較して
大きく異なる最大の特徴としては、
水分のあるところでも硬化するというところです。

通常歯科材料は乾燥されたところで
接着、硬化していきます。

しかし、歯根端切除術の場合は
外科的処置になるので血液などのコントロールを
完全に行うことは難しいと言えます。

その場合、他の材料では接着力が著しく下がるので
封鎖性も当然悪くなります。

そして、細菌の漏洩が起こり、
再発のリスクを抱えてしまいます。

また、MTAには他にもこのようなメリットが
あります。

①水酸化カルシウムを放出し、
 静菌作用が持続する。
②ハイドロキシアパタイトが作られ、
組織の再生を促進し、
セメント質が形成されやすい。

これらのことから、最良の結果が得られやすいと
言えます!

ハートフル歯科では、
ドクター全員MTAについて理解し、
必要に応じて患者様に事前に説明を
行っております。

"すべては患者様の笑顔のために"

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹