本山先生エンドマスターへの道

2015.03.09更新

こんにちは。

東京都三鷹市ハートフル歯科の本山です。

今回は、矯正治療中に根管治療を行い、
根管治療後の被せ物を
どのように治療するのかということについて
書きたいと思います。

実は、私の日々の臨床は
根管治療だけではありません(笑)
根管治療後の被せ物も含めて、
総合的に他の治療も行っています。

当院では、矯正治療中でも
虫歯治療や根管治療、
被せ物など行うことができます。

それはなぜできるかと言いますと・・・

ハートフル歯科では、
インビザライン(マウスピース矯正)と
セレック(セラミック治療)の
コラボレーションが可能だからなのです。

ワイヤー矯正では、
ワイヤー部分が邪魔になり
難しいと言えましょう。

ここで一つ症例をご覧下さい!



この患者さんは、
矯正治療がほとんど終了に近づく中、
上顎前歯部の根の痛みを訴え、
診査・診断したところ、
過去に他院で治療された
根管治療のやり直しが
必要と判断しました。

再根管治療です!

その後、数回の根管治療も終了し、
同時に矯正治療も終了して
保定に入ることになりました。



被せ物について、
矯正担当の下田ミナ先生と患者さん、
そして私で治療計画をたてました。



患者さんの前歯部は神経がないため、
失活して歯の変色が見られます。
同時に歯軸が傾斜していることも
確認できます。

そこで、セレック治療を選択し、
また保定装置のこともあるので、
オーバージェット(前歯部の水平方向の突出程度)を
変えずに、歯軸の傾斜を修正し
正中に合わせるように
被せ物を作製することになりました。

このような場合は、
現在の歯牙の状態をコピーし、
そこから被せ物を作製するという
方法をとります。

「相関法」と言います!


     上顎のコピー画像です。



     形成が終了した歯にコピーが
     ドッキングされた画像です。



     形態修正を行いながら、
     歯軸をなおしているところです。



     デザイン終了後の画像です。


矯正治療中のセレック治療は、
ほとんどこの相関法により
治療を行います。

ハートフル歯科には、
経験豊富な優秀な技工士さんがいますので、
デザインなどは全て
彼らにお任せしています(笑)


     術後(set後)です。


このセレック治療、
もちろん1 Day Treatmentで
行っています。

もう少し言わせていただけると、
両隣在歯まで合わせて
4本治療させてもらえると
審美的にバランス良く
できたかもしれません。

このように、矯正治療中でも
根管治療も行えます。
被せ物を入れることが可能です。

矯正治療が終わるのを
待たなくて良いのです(笑)

時代は、今やCAD-CAMという
デジタルの時代です。

ハートフル歯科には、
最先端の設備が多く備わっています。

それらをいかに使うか、
そして患者様にその技術を提供する義務が
我々歯科医師にはあるのではないでしょうか・・・

"すべては患者様の笑顔のために"

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

2015.03.06更新

こんにちは。

東京都三鷹市ハートフル歯科の本山です。

今回は、ハートフル歯科における
根管治療についての導入としての
動画の紹介です。

以前に作成した4つの動画に加えて、
「根管治療」
「根管治療の流れ」の2つを
作成してみました。

根管治療でお悩みの患者様。

ハートフル歯科における
根管治療の流れなどを
簡単にまとめてあります。

参考にしていただければ、
幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=POlnTGfRvG4

https://www.youtube.com/watch?v=BWhpNFyI_QA

"すべては患者様の笑顔のために"

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

2015.03.06更新

こんにちは。

東京都三鷹市ハートフル歯科の本山です。

今回は、MTAについて書きたいと思います。

MTAについては、
過去にいくつかブログに書いたと
思いますが、
改めてMTAの有用性に
ふれたいと思います。

なぜ、MTAについて書こうかなと思いますと・・・

本日、VPT(Vital Pulp Therapy)と
パーフォレーションの症例が
あったからなのです。
両方ともMTAを使用します!

VPTは、神経を温存する治療法です。
VPTに関しての詳細は、
エンドブログ(25)を参照して下さい!

パーフォレーションは、
歯に穴があいている、
穿孔している状態を言います。

まずは、こちらを御覧下さい!

   

    この患者さんは、
    銀歯が脱離して来院されました。
    銀歯が脱離した歯の中には虫歯が

    あります。
    虫歯も深く、神経に近い状態です。
    痛みなどはないとのことでした。
    その他、診査を行いVPTの適応と

    診断しました。

   

    神経の入り口です。

   

    MTAにて、部分的断髄したところを
    封鎖しました。
    MTAは、VPTの中で断髄
    (神経を一部切断)する時に
    使用します。

   

    MTA充填後のレントゲン写真です。

    この患者さんは、次回症状などの確認を

    行い、問題なければセレックの

    1Day Treatmentにより修復処置がされる

    予定です。

   
          セレックset後です!

     一番奥の歯です。
     もうどの歯か分かりませんね・・・(笑)


     そして、次はパーフォレーションの

     症例です。

   

    かなり大きな穴があいています。
    どうしようかと思いますが、
    この大きな穴も止血がしっかりできれば、
    MTAにて封鎖可能です。

   

   
        RCF後です。

MTAは、本当に素晴らしい(笑)

MTAは封鎖性という意味でも
根管治療の様々なケースに
対応できます。

MTAなくして
今の根管治療はないのではと思う
今日この頃です・・・

"すべては患者様の笑顔のために"

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

2015.02.13更新

こんにちは。

東京都三鷹市ハートフル歯科の本山です。

最近、いろいろな動画を作成し、
You Tubeにアップするという試みを
ハートフル歯科全体で行っています。

動画というものは、
内容を的確に伝えることができるため、
非常に素晴らしいと常々思っています。

矯正治療などは
メンバーの木村さんが数多く
作成してくれています。
ご興味がある方は、是非一度ご覧下さい!

根管治療も、
ラバーダム・マイクロスコープ
そしてMTA・CTについて、
ラバーダムは実践している動画ですが、
残りの3つは講義形式の動画を
HP上に公開しています。

ラバーダムの動画は、
エンドブログ38をご覧下さい!

残りはこちらをご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=hQ8K3Y6wsf4&feature=player_embedded

https://www.youtube.com/watch?v=ED-2Roqogjc&feature=player_embedded

https://www.youtube.com/watch?v=QePm_WfbVGc&feature=player_embedded

なかなかHP上のテキストだけでは
伝わりづらい部分を、
私の言葉を通して短い時間ですが、
簡潔にまとめてあります。

少しでも患者様へハートフル歯科での
根管治療について情報提供できればと
思っています。

これから、さらに動画を増やしていく予定です。

   
   
     ↑ 撮影スタジオです(笑)

   

野田先生の総監督としての貫禄が・・・(笑)

撮影チームとして、
いつも協力してくれる
野田先生・小坂井先生、
そして、技工士の本田さん。

ありがとうございます。


"すべては患者様の笑顔のために"

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

2015.02.03更新

こんにちは。

東京都三鷹市ハートフル歯科の本山です。

今回は、前回に引き続き「歯根破折」について
書きたいと思います。

前回の症例は被せ物を除去時に
破折と診断できた症例でした。

今回の症例はマイクロスコープで
確認しても破折しているとすぐに
診断できず、CTにより
破折の確認ができた症例です。

根管治療を行っていると、
違和感などの症状や
フィステル(膿の袋)がなかなか
消えず、マイクロスコープで
確認しても、治癒に至らない
原因の特定ができない
ことがあります。

そのような場合は、CTによる
3次元的な画像診断が
有効的です。

ここで、下記の症例をご覧下さい!

<症例⑨>
40代 男性
主訴:右上前歯
   歯肉に膿の袋のような
   ものができている。
    

術前に口腔内を確認した時に、
過去に根管治療がされている歯でした。
そして、フィステルが認められ、
歯の動揺がありました。
    

   

   
術中のレントゲン写真です。
フィステルがなかなか消えないため、
レントゲン写真を撮りました。
すると、ガッタパーチャポイント(根のお薬)が
まだ残っており、
さらに、赤丸印部分において何か薬のようなものが
横に出ているのが確認できます。


そこで、歯根破折を疑いCT撮影を行いました。

   
 

   
CTの拡大画像です。
赤丸印をご覧下さい。
破折線が認められます。
かなり大きな水平的な破折です。

この歯は根管治療では治癒は難しく、
保存不可能と診断しました。


このようにCTは原因の特定診断などに
有効に活用することができます。

ハートフル歯科では、最近RF社のCTを
導入しました。
非常に精度が良く、また撮影から画像解析
処理までのスピードも速いです。
臨床において非常に助かっています(笑)

CTが全てを解決してくれるわけでは
ありませんが、マイクロスコープも含めて
どのように使用するのが
より効果的であるか考えながら
診療を行うこと!

これが、とても大事であると思います。

"すべては患者様の笑顔のために"

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

2015.01.31更新

こんにちは。

東京都三鷹市ハートフル歯科の本山です。

今回は、「歯根破折」について
書きたいと思います。

歯根破折とは、歯を支えている根の部分に
ひびが入り、割れてしまっている
状態のことです。

このような場合、破折部分から細菌感染が起き、
炎症を起こします。
歯肉が腫れ膿の袋ができたり、
違和感やまた被せ物などがグラグラするなどの
症状が見られます。
歯が動揺しているのは破折しているため、
被せ物と歯根が接着できなくなっているためです。

しかし、破折は小さなひびから
大きなものまであります。
レントゲンでもなかなか判別できないものが
多く見られます。

   

実際には、マイクロスコープで
視認するしかありません。

下の写真は、
最近歯がグラグラするようになってきた
ということで来院された患者さんの
上顎前歯です。

金属製の土台にセラミックの被せ物が
入っていました。
被せ物と土台を除去してみました。

   
 

やはり、根が割れていました・・・

金属製の土台は、歯質に比較して
強度が強く弾性がないため、
応力が集中すると歯根破折を起こしやすい
と言われています。

ハートフル歯科では、金属製の土台ではなく
ファイバーコアを使用しています。

このような破折は残念ながら根管治療で
救うことができません(泣)

ただ残念ではありますが、
マイクロスコープによって
画像説明が可能なので、
患者さんにもご理解と納得して
いただけるのではないかと思います。

しかし、ご安心下さい!

ハートフル歯科では抜歯後のフォローも
できる設備とドクターの技術があります。

破折の診断ができるのは、
マイクロスコープによるところが
大きいと言えます。
そして、歯を失ってしまうかもしれませんが、
天然歯と同じように咬むことのできる
インプラントがあります。

ハートフル歯科では最先端のCTを導入しており、
インプラントから被せ物までをコンピューター上で
全てシュミレーションできます。
また、それによって安心・安全なガイドを使用した
手術も行うことができます。

根管治療で全てを救うことには限界があります。

しかし、ハートフル歯科ではそれを補って
余りある設備と技術があります。

"すべては患者様の笑顔のために"

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

2015.01.17更新

こんにちは。

東京都三鷹市ハートフル歯科の本山です。

今回は、以前書かせていただいた
症例検討会について、新年明けまして
先日第8回が行われましたので、
そのことについて書きたいと思います。

第8回症例検討会は
「根管貼薬」について、
小坂井先生からのプレゼンテーションと
なりました。

   

   

小坂井先生も入社して、
4月で1年になりますが、
日々努力を怠らず、
患者さんと真摯に向き合い、
毎日一生懸命診療を行ってくれています。

小坂井先生、いつもありがとうございます!

それでは、小坂井先生よろしくお願いします。


   

こんにちは。

東京都三鷹市ハートフル歯科 
歯科医師の小坂井です。

今回は、「根管貼薬」について
発表させていただきました。

根管貼薬とは、
根管治療において機械的拡大や
化学的洗浄のあとに入れる薬です。

根管治療を終えるまで
持続的な殺菌能力や
鎮静作用を求めて使うことが
多いものです。

日本ではFCやぺリオドンという薬が
よく使用されていました。

   

歯科医院での嫌な匂いの原因の一つです。

これらはパラホルムアルデヒド製剤といいます。

実はこの薬はAAE(米国歯内療法学会)では
完全否定されています。

なぜなら、抗菌の効果は高いのですが、
細胞毒性が強すぎたり、
作用時間が短く、発がん性もみられるといった
デメリットが多すぎたからです。

それでは、AAEなどで推奨されている
薬は何か?

それは、ハートフル歯科でも使われている
水酸化カルシウムCa(OH)です。

   

この薬は、Ph12.4の強アルカリ性で
抗菌性を示し、生体刺激性が少なく、
長期に安定しており、
あの嫌な匂いもありません。

そして、鎮痛効果もあります。
さらに出血や排膿のある根管には
特に有効で浸出液を
次回の根管治療まで抑えてくれます。

注意点としては、
FCなどは綿にしみこませて
根管に入れれば揮発して
効果を発揮するので
簡便なのですが、
Ca(OH)は直接根管に触れないと
良好な効果を発揮しない点が
挙げられます。

そのため、よりしっかり根管に
薬を充填しないとならないのです。

ハートフル歯科には
マイクロスコープがあるので
確実に薬を過不足なく根管に
充填することができます。

これまで述べた通り
水酸化カルシウムは非常に
良い薬と言えます。

ただし万能ではありません。

強アルカリに抵抗性を持った菌は
殺せません。

また直接根管内に触れてないと
効果を発揮しきらないので
機械的拡大や化学的洗浄を
しっかり行わないと
全く貼薬の意味をなさなくなって
しまいます。

やはり、根管治療の根幹は
機械的な拡大を
徹底しなければならないと思いました。

今回の発表でより強く思ったことは
素晴らしい薬などがあっても
どうやって効果を発揮するのか・・・

使用する人間の知識の有無で
治療の質が全く異なるものに
なってしまうということです。

ハートフル歯科では、
質の高い治療を
患者様に提供するために
常に医院内において
症例検討会などで
知識の最適化、共有化を
行っています。

これからも勉強し続けたいと
改めて思いました。

   


小坂井先生、ありがとうございました。

「根管貼薬」の重要性について、
より一層理解が深まりました。

それにしても、FCのデメリットが
多すぎますよね(笑)

しかし、日本ではFCを使用している
現状がいまだにあります。

私は、個人的にはあの薬臭が
どうしても好きになれません・・・

ハートフル歯科では、
現在は根管貼薬には水酸化カルシウムを
使用していますが、昔は無貼薬でした(笑)

今では、水酸化カルシウムによる
根管貼薬は必須となっております。

大事なことは、
薬の使用の仕方なのです。

FCも国で認められている薬なので、
使用していけないものではないのです。

なぜ、その薬を使用するのか・・・
よく考える必要があると言えます。

我々、歯科医師は患者さんにとって
安心安全であり、かつ効果の高いものを
選択するべきであると思います。

"すべては患者様の笑顔のために"

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

2015.01.06更新

新年明けましておめでとうございます。

東京都三鷹市ハートフル歯科の本山です。

今年もよろしくお願い致します。

今回は根管内に残されたファイル(破折器具)の
除去について書きたいと思います。

根管治療においては、
ファイルが根管内で折れてしまうような
偶発的事故が起こりえます。

マイクロスコープを利用すると、
根尖付近にある破折ファイルも
除去することが可能なこともあります。

しかし、破折している場所によっては
除去できないこともあることを
ご理解下さい。

でも、もし除去できなかったとしても
心配しないで下さい!

通常、歯科で使用する器具は
滅菌されていますので
ファイル自体が感染源になることは
少ないと言えます。

もちろん、除去可能であれば
除去を試みるのがベストです。

破折ファイル除去にあたっては
マイクロスコープを使用しないと
除去は不可能と言えるでしょう。

ハートフル歯科でも
根管内に破折したファイル片が
残されているのをよく見かけます。

ここで、実際の症例をお見せしたいと
思います。

   
    除去前です。
    根管内に破折したファイル片が
    見えます。      


   
    マイクロスコープ下です。
    除去できたファイルが見えます。


   
    除去後のレントゲン写真です。
    きれいに除去できているのが分かります。


マイクロスコープを利用すると、
今までできなかったことが
できるようになります。

救うことができない、抜歯しかないと言われた歯も
救うことができたりします。

理事長のブログに
CTの診断に関しての有用性に
ついて書かれています。

繰り返しになりますが、
CT、マイクロスコープは本当に
治療の質を格段に
上げてくれました。

"すべては患者様の笑顔のために"

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

2014.12.19更新

こんにちは。

東京都三鷹市ハートフル歯科の本山です。

今回はパーフォレーション(歯に穴があくこと)
に対するリペアについて書きたいと思います。

腫れたり、膿んだりする原因の一つとして、
パーフォレーションからの感染が考えられます。

根の病気で来院される患者さんの中でも
パーフォレーションが原因となっていることは
決して少なくありません。

パーフォレーションリペアには、
MTAを使用します!

   

<症例⑧>
40代 女性
主訴:右上奥歯
   歯肉が腫れて痛い。
   他院で抜歯と言われた。

   

   

矢印は、オリジナルの根管を表しています。
青い丸印は、パーフォレーション部分を
表しています。
歯に穴があいているので、出血が確認できます。

この感染源を封鎖してあげる必要があります。

まず初めに、パーフォレーション部分の前に
オリジナル根管の清掃・消毒を行い、
根管充填まで先に行いました。

   

   
根管に最終的なお薬(ガッタパーチャポイント)が
充填されているのが、レントゲンで確認できます。

次に、パーフォレーション部分をMTAにて
封鎖します。

   

   

MTAを入れたところです。
灰色のようなセメントでパーフォレーション部分が
埋まっているのが、マイクロスコープより
確認できます。

    
ここまでにおいて4回の治療で
無事終えることができました。

現在のところ、特に症状もなく
経過良好となっております。

今後は土台の築造と被せ物を
入れていく予定です。

長期的な経過観察が必要ですが、
抜歯と言われた歯も
何とか救うことができました!

"すべては患者様の笑顔のために"

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

2014.11.21更新

こんにちは。

東京都三鷹市ハートフル歯科の本山です。

最近、根管治療で来院される初診患者さんの
カウンセリングを行うと、ほとんどの方が
今までラバーダム防湿下で
根管治療を受けていないことが
よく分かります。

そこで、今回はラバーダムについて
書きたいと思います。

ラバーダムとは名前のとおり、
唾液や細菌をさえぎるゴムのダムのことです。

ラバーダム防湿は、なぜ必要なのでしょうか?

アメリカ歯内療法学会では、
根管治療時のラバーダム装着は
必須と言われています。
日本のラバーダム装着の使用率は、
ほぼゼロに近いと言われています。
最近は、正しい根管治療も普及してきて
もう少し変わってきたかもしれません。

日本の健康保険制度内に、
根管治療におけるラバーダムの値段はありません。
これが、ラバーダムの普及を妨げているのです。

ところで、根の先が傷んだり、
腫れたり、膿んだりする、
そもそもの原因は何でしょうか?

根の病気の原因は、唾液内の細菌です。
つまり、根管治療の場合、
可能な限り無菌的な状態で行う
必要があると言えます。

お口の中は、唾液でいっぱいです。
唾液の中には細菌が大量に含まれています。
だから、ラバーダムで唾液の侵入を防ぐのです。
ラバーダムは、細菌感染の防止のために必須です。

   

根管治療で一番大切なことは、
将来的に渡って、その歯が健康で
あり続けることです。
ラバーダム使用の有無は、
根管治療の成功率を左右します。

ハートフル歯科では、
可能な限りラバーダム使用を心がけています。

実際にラバーダムをかけているところを
動画にしてみました。
詳しくはこちらをご覧下さい!



"すべては患者様の笑顔のために"

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 本山 直樹

前へ 前へ

SEARCH

CATEGORY