研修レポート

2012.03.30更新


第二回 ロープレ研修を受けて
                          技工士  蛯名 大祐

今回、第二回目の院内研修を全員でしっかりと行いました。
ハートフル歯科といえば予防をベースにした歯科治療。
皆さんにお馴染みなのが、予防検査・ドクタープラス・インビザライン・インプラントそしてセレックです。

虫歯を作らないお口作りへ。
でも出来ている虫歯へは・・・、セレックです!

患者さんにもっと解りやすく、もっと写真で伝わるように。
理事長と新しい資料を製作し、まずはメンバーにお披露目です。

メンバーの反応は想像以上にスライド画面に釘付けで、真剣な表情で納得顔。
今回の新しい資料は視覚に訴える。
パッとみて様々な症例写真があります。その中からご自身のお口に近い状態が
セレックを入れるとどう変わるか。どう見えるか。
を、写真を見ながら疑似体験できるような感じです。

小さな虫歯ができ、歯の喪失までの流れ。

怖い話はしたくありません。
セレックを入れて、美しく健康的なお口を。

ぜひ患者さんに新しい資料をみて頂きたいです♪

また森戸さんからはキッズに来院された親御さんへの予防への大切さを
どう伝えているか。
のロープレがあり、非常に分かりやすく、森戸さんらしい
噛み砕いた表現の仕方など工夫があり面白いなぁ と納得しました。

キッズに来院された妊娠中のお母様への設定。
普段多い、だからの設定だと思います。
妊娠中から予防を取り入れる・・・
産まれて始める・・・
エビデンスデータの数字でハッキリと伝えると説得力があります。
性格なデータを要所で解りやすく伝える。

今回の研修も診療時間を割いて行って頂きました。
患者さんに毎回ご迷惑をおかけし申し訳ありませんが、
メンバー全員より勉強し、ワンランク上の診療でお返し出来たらと思います。

また今回も院長・理事長先生、研修の機会を頂きありがとうございます。





投稿者: 医療法人社団徹心会

2012.03.29更新

前回に引き続きロープレ研修を行いました。
理事長によるセレックの講義を聞き、数多くあるセレックの優れている点を改めて実感しました。小さなプラスチックの詰め物に始まりる治療の流れの結末は、歯を失う事になるかもしれないという可能性をもっているということ。銀歯の二次う蝕率が高い事を日々の診療で実感しております。セレックにすることで二次う蝕を避けることができるなら、私なら必ず選択しようと思います。セレックの素晴らしさを私の言葉でも患者様に伝えていければと思っております。
予防のお話では小さなお子様に対して治療に入る前に知っておいて頂きたいことを、ご両親にご理解頂けるようすること。唾液検査をする事によって、自身の口腔内環境がどの様な状況なのかを知ることができます。体の健康診断と同様に、自身の口腔内の健康状態も知るべきだと思いました。
ロープレを通して皆さんにわかりやすいお話ができるようになりたいと思います。貴重な時間をありがとうございました。

投稿者: 医療法人社団徹心会

2012.03.29更新

先日第二回ロープレ研修を行いました。

 

KIDでの親子の唾液検査の説明をスタッフ全員で確認致しました。

虫歯の母子感染の説明等をロープレで行いどうしたらわかりやすく伝えられるか等

スタッフ一同認識を高めました。

やはり母子感染の一番の原因は一緒にいる中で母親と食生活を共にする時間が多いので

・まわりの大人は食べ物の口移しや噛んだものを与えることはしない
・できるだけお箸やスプーンの共有は避ける

といった点とても重要です。

それらを気をつけていても話している時に飛んでしまう唾液なども感染原になりえます。

そういった事をしっかりお話することで認識してもらう。それが私たちスタッフの仕事だと実感致しました。

 

 

そして、セレック治療の説明を理事長本人にしていただき、なぜセレックなのか?

 

スライドを交えて患者様にわかりやすく伝えていく事を勉強しました。

 

 

保険の銀歯では限界があり、何度を再治療していくと抜歯に至るまでの経緯などを勉強し改めてこのデーターで既に出でいる事をしっかり患者様に伝えた上で患者様ご自身選択していただく事、これらを知らない方も多いので、知ることで少しでも歯に興味をもっていただき予防にも取り組んで頂く、私はそう思いました。

 

当院では全ての患者さまに当院の事を理解していただき二人三脚で予防に取り組んでいただくシステムを作っています。自分自身働きながらこういった医院にめぐりあえてスッタフとしての立場からもとても良かったと思っております。

全ては患者様の笑顔の為にそれをいつも頭に描きながら日々自分自身を勉強していきたいと思います。

 

 

ありがとうございました。

投稿者: 医療法人社団徹心会

2012.03.29更新

投稿者: 医療法人社団徹心会

2012.03.29更新

投稿者: 医療法人社団徹心会

2012.03.29更新

投稿者: 医療法人社団徹心会

2012.03.29更新

今回理事長のセレックの抗議で、患者さんに説明用のスライドを見せていただきました。 銀歯を外してセレックを入れるといっても患者様はイメージしにくいと思います。 スライドの中で銀歯の写真、外して中がカリエスの状態、カリエスをとり形成した状態、セレックセットしたところと経過を追ってすぐにみせられるとイメージしやすくセレックの良さを伝えやすいと思いました。やはり、メタルの修復物であるとセラミックと比べると持ちが悪いということも二次カリエスになった状態でやりかえる度に歯質は少しずつ失われていくということが実感していただけるかと思いました。 また、少しづつ歯質は失われ神経まで到達してしまったら、神経をとることになり神経をとった歯はわれやすくなり、もし割れてしまったら抜歯になってしまうことができるスライドがあり、とても良かったと思います。 セレックを選択することがその歯の寿命を延ばすことをしっかり伝えていきたいです。 また、衛生士としてメインテナンスに通うことが、歯を失う寿命を延ばすことも今日見せていただいたスライドを使って伝えていきます。 ロープレに関しては、足りない点を指摘しあうことができてよかったと思いました。 特に、キッズでの予防の話を話してくれた森戸さん、私はあまりキッズにはいかないので 他の医院でどんなふうに話しているのか実際見ることはできません。 お母様のニーズに答えられるような話の構成がとてもよかったと思います。  3医院あるとなかなか、他の医院でどのように行っているのか見えない部分もあるのでこのような時間は貴重だなぁ、と改めて感じました。 理事長、院長、研修という貴重なお時間をいただきましてありがとうございました。 いつも感謝しております。 そして、研修時間中、休診の時間ができたためご迷惑をおかけした患者様、感謝しております。

投稿者: 医療法人社団徹心会

2012.03.29更新

第二回目の院内ロープレ研修が行われました。

          
今回は、理事長による、写真を使ったかぶせもののロープレ研修も行われ、
わたし達メンバーも真剣です!
     
吸い込まれる、納得いくわかりやすい説明です。          
患者さまの知りたいところをキチンとわかっておられ、説明がなされており、
すぐに実践したく思いました。
      
写真があると、伝えやすく患者様もわかりやすいです。          
実際の症例を使い、説明ができるようになりましたので、自分で、シュミレーションを
行ない、患者様へわかりやすく、ご納得いただける説明ができるように務めたいです。
歯の残存率の高いセレック治療、生涯機能するご自身の歯。口腔内の健康維持は、
全身の健康へ。
      
患者様にお伝えし、自らも、そうありたいです。          
               
またメンバーによる親子だ検、矯正説明のロープレでは、メンバーで指摘し合い、改
善され、より、詳しく、正確にお伝えできるように、メンバー皆が再確認ができました。
メンバーが同じレベルで、同じ説明ができるようにこれからも、このレープレ研修は、
有効にしていきたいです。
     
               
今後も、ロープレ研修は続きます。 この時間を無駄にしない、患者様へ貢献できる
ようメンバーと共にチーム医療を 意識いたします。
   
すべては、患者様のために。               
               

投稿者: 医療法人社団徹心会

2012.03.29更新


今回で2回目のロープレ研修となりました。
i padを使ってのセレックの説明ができるようになり、患者さんもより身近にセレックを感じてくれるのではないかと思いました。やはり、時代はデジタルデンティストリーの流れに向かい、ハートフルはさらに先へと進んでいくことかと思いました。術前・術後の写真など、視覚に訴える作業は説得力があります。この前、ベニアの写真を患者さんに見ていただいたら、やはり是非やりたいとおっしゃっていました。これから、こういったツールを使って患者さんによりよい医療が提供していけたらと思います。
インビザラインの初回時の説明も改善点がみつかり、よりわかりやすく時間効率を考えたものになっていくと感じました。
森戸さんの親子唾検の説明は、よく噛み砕いてあり、必要なところまた何が患者さんの心に響くのかが森戸さんの中で吟味してあるので、分かりやすく、とてもよかったと感じました。
全体の意思統一と言う意味でも、研修は今後も行っていき、日々の診療に生かしていくことが大切であると改めて感じました。

投稿者: 医療法人社団徹心会

2012.03.29更新



今回の研修も前回と同様に、メンバー同士でのロープレを行いました。
今回はキッズでの予防の話、インビザライン初回の方への説明、
理事長によるスライドを使用してのセレックの説明を行いました。

キッズには、様々な年代のお子様や妊娠中のお母様等幅広い患者様がお見えになります。
予防の話をするにあたり、その方の生活環境に合わせたお話をする必要があります。
そうすることでよりわかりやすく、患者様の心に響く話が出来ると思いました。

インビザラインの初回の説明では、長い時間ダラダラと説明するのではなく、大切な所の要点をまとめて説明する事で、より分かりやすく伝える事が出来ると思いました。

患者様目線で説明を聞く事により、今まで気づけていなかった点に気づく事が出来、今後自分がその立場になった時の為にすごく参考になりました。

スライドを使用してのセレックの説明は、術前・術後の写真もありとてもわかりやすく、今まで以上にセレックの良さを患者様に伝える事が出来ると思いました。
話を聞くだけでなく、実際に目でみることでより分かりやすくセレックの良さを伝える事が出来ると思うので、今後積極的に取り入れていこうと思います。

院内研修を行うことで、知識や技術の再確認をする事が出来ます。
アポイントを切っての貴重な時間、無駄にする事のないよう心がけながら日々の診療に取り組んでいきたいと思います。
理事長・院長ありがとうございました。
 

投稿者: 医療法人社団徹心会

前へ