研修レポート

2014.04.28更新

歯と健康。
このキーワードは私達にとっても患者様にとっても一番といっていいほど重要なキーワードだと思います。
最初に患者様の今の口の中にある歯がどのような状態であるかというものを、本人に確認と理解をしていただくという事、さらに
専門的な私達がいかに患者様の立場になって理解できるような言葉で説明できるかにかかってくると思う。
『痛くない・削らない・歯を抜かない』予防ベースの歯科治療が当院の医院理念
その状態に持っていく為には今ある歯の状態を予防ができる状態にもっていく必要があります。

たくさんありますが例えば、
RCTの治療で言うと、当院ではマイクロスコープ・CT・ラバーダムを保険内で取り入れていること。
きちんとした治療をすることで80%成功すると言われていますが、
保険外だという事で患者様が気軽に受ける治療ではない場合が多い。
しかし、当院ではこの治療を保険内で取り入れ、しっかりと患者様に治療方法を伝えたうえで、根管治療をしているため、
患者様は気軽に、そして安心して治療を受けることができる。
そして、保険内であることで次ぎへの段階に患者様を誘導することができると、
この約1ヶ月を通して感じました。

このオレンジ本の内容はとても患者様にとって分かりやすく、私も読んでいるうちに入り込んでいました。
歯科衛生士として私にできることはしっかりとした知識と患者様を思う気持ちをもち、
予防のサポートをしていくことが重要なことだと思いました。
Drplusを使い始めて約2週間が経ちました。
ポケットを測定したわけではありませんが、個人的な感想で歯肉が引き締まり、朝起きたときの口腔内が以前とは違うように
思います。凄くいいですと、今すぐにでも患者様にDrplusの重要性を理解して頂きたい!
そんなときは、理事長、ミナ先生が時間をかけ、作成してくださったパンフレットを活用し、見せながらの説明。
患者様が頷きながら聞いてくれ買ってくれたときは、自分のことのように嬉しくなります。

まだまだ未熟ではありますが、ご指導を頂いたところを1つずつ直し、確実なものを
仕上げていく所存です。
これからは、歯肉の状態、患者様とのコミュニケーションで得られる情報と、来院なさった時の歯に
対する意識をしっかり確認しながら、患者様一人一人にあった予防に努めたいと強く思いました。

投稿者: 医療法人社団徹心会

2014.04.26更新



まずは社会人としての仕事のあり方について学びました。

責任の重さ、挨拶の言葉遣い、「ほうれんそう」について、メール対応、電話の対応など

一から丁寧に学ぶことが出来ました。



次に、ハートフル歯科のあり方について学びました。

「痛くない、削らない、抜かない、」
「自分が受けたい治療、家族に受けさせたい医療」
「すべては、患者様のために・・・」

がこの医院のコンセプトです。

また、患者様は誰でも「健康」でありたいと思っていることに気づき、「健康サポート」していくことが役割であると理解しました。そのためには患者様の話を傾聴して、健康のためのヒントが多く発見出来る事を学びました。

予防検査もただ検査するだけでなく、患者様に結果を具体的に「見える化」することによって、御自身の抱えるリスクを具体的に把握してもらえるので、今後の改善点を理解していただけるように考えられています。

歯科医療において、「楽しい食事」、「豊かな人生」、「美しい食事」、「素敵な笑顔」を支えるのは「正しい医療」であり、これは医院と患者様が歩調を合わせて、「未来」に向かって健康でいてもらえる医療のことをいいます。この医療倫理は私が目指すべき形なので、しっかり自分のものにしていきたいです。

ハートフル歯科の診療の柱はどの治療においても、「説明→教育→コミュニケーション」が大切であり、繰り返し行う事が患者様への未来の健康のサポートには必要事項です。まずはしっかり説明できる引き出しを作れるように勉強していこうとおもいます。

そうして医院全体での健康観の共有をつくり、患者様とも共有を目指すのが最終的な目標になってきます。

患者様の未来の健康をサポートし、社会貢献していく場所がハートフル歯科の存在であることがわかりました。



私はこの研修をうけて、この歯科医院のあり方に感動しました、何よりすべての説明が理論づけられていて納得出来る事ばかりだったことです。

研修で学んだことを勉強し、理解して実践していくのがハートフル歯科の仲間入りする一番近道だと感じています。

私もこの素晴らしい歯科医院で、一人でも多くの患者様の笑顔のために貢献できるよう頑張っていこうと思いました。



理事長、ミナ先生、ハートフルメンバーの方々、このような貴重な機会を作っていただいたことに感謝いたします。ありがとうございました。

投稿者: 医療法人社団徹心会

2014.04.26更新

<予防歯科を読んで>

ハートフル歯科医院に入社して三週間が経ちました。顕微鏡治療、CT、セレックなどの最先端の医療機器や、インプラント治療など最新の治療に感心する毎日でしたが、初診の患者さまにお渡ししている予防歯科の冊子を読んで、ハートフル歯科が大切にしているのは予防歯科だったことに気がつかされました。

なかでも、第五章の次亜塩素水の特徴「白血球と同じ殺菌成分のため、副作用がなく耐性菌が生まれません。中性のため歯や歯肉に影響がありません。炭酸水素ナトリウムの影響でバイオフィルムを破壊します。」
この三つの特徴は本当にすごいと思いました。虫歯予防の為に実際にDrプラスを使用していますが、朝起きた時の口の中の粘々した嫌な感じが減ったのを実感しています。

歯磨き、除菌水、定期健診、PMTCなどの予防歯科の重要性をしっかりと学び、ハートフル歯科の理念である「自分が受けたい医療、家族に受けさせたい医療」を提供できるように精進しようと思いました。

投稿者: 医療法人社団徹心会