研修レポート

2014.12.17更新

12月13日にお休みを頂き、技工士の木村さんと福岡のセミナーに参加しました。
はなだ歯科クリニックチーフ衛生士 井吉美香さんによる
「新しい予防歯科医院」~床矯正におけるスタッフの役割~をテーマに
講義をして頂きました。

予防歯科はむし歯や歯肉炎予防、歯ブラシやフロス指導、フッ素の話だけではなく、
歯列不正や咬合異常を未然に防ぐことも予防歯ではないかということ。
子供達の矯正は特別な治療ではなく予防歯科に含まれるものと考えていて、
はなだ歯科では床矯正=予防治療を行っていうとおっしゃっていました。
床矯正の患者説明の仕方、話し方など
叢生・上顎前突約60%、下顎前突約30%、開咬約5% 子供達に対する
それぞれのパンフレットを使って説明をしているそうです。

また、初めて床矯正をやる患者様に対する装置の扱い方は、
パワーポイントを使用し説明は、小冊子をそのまま読むだけという形でやって
やって新人衛生士さんでもやり易いように工夫してやっていました。

床矯正の衛生士の役割としてむし歯の治療で通院している小児、
予防歯科で通院している小児、歯並びについて相談したい患者さんに
対する歯並びに対する問題提起をし親、本人に気づかせてあげる。
常に衛生士がよく子供たちを観察し、悪習癖を見つけた時は
トレーニングをしてもらうなど早期に発見できるかが大切だとおっしゃっていました。
床矯正とは床矯正だけで行われる治療ではないこと、バイオロジカルな治療で
食育・トレーニング・悪習癖の改善指導など生理的機能重視であること。
床矯正もトレーニングをするときも、いつやるのかできるだけ本人にも
宣言させるようにしたり、これはハートフルでもやっています。
一方的に頑張れなどは言わず、良くなっていたら教えて褒めてあげる。
直すのは子供達自身であり、私たち衛生士がどれだけサポートできるかなど
沢山学ばせていただきました。

子供の悪癖や歯並びに気づき問いかけや教えてあげること。
言い方ひとつ違うだけでお母さんたちの反応も変わります。
もし気づけたならバイオセラピーや食行が必要なのかなど、
私自身が実際に実践できなれけば意味がありません。
学んできたことを衛生士で共有しこれからのハートフル歯科で
活かせるようにしていきたいです。


ミナ先生、理事長先生、このような機械を頂きありがとうございました。

投稿者: 医療法人社団徹心会

2014.12.17更新

投稿者: 医療法人社団徹心会

2014.12.15更新

12月13日福岡で行われた、予防矯正セミナーへ参加させて頂きました。

私がよく行かせていただくセミナーは主に歯科医師の先生が床矯正についてお話されるものですが、
今回はそこに働く歯科衛生士の方からのお話を聞かせていただき、スタッフ側からできる床矯正の知識を得ることができました。

ハートフル小児歯科では、永久歯に生え変わる前に自分の持っている悪癖、口唇や舌の不足している機能の改善・トレーニングを行った上で必要であれば機械的な装置を使用することで、永久歯が入る顎のスペースを作り、キレイな歯並びを目指す矯正治療を行っています。
むし歯予防に熱心なハートフルに通われるお母さま方でも、永久歯が生えたときに少しがたついてても生え変わりとともに治るだろうと思われているお母さまもいらっしゃると思います。
それをサポート、アドバイスをさせていただくのが普段お子さまのお口の中を見せていただき、より歯についての知識がある、衛生士やスタッフの仕事であると考えます。


セミナー内では、バイオセラピーで実際にお子さまがトレーニングされているガムトレーニング、ポカンXなどを使用しました。ガムトレーニングをやっても、実際の形を本人が鏡を使用して見ることは難しいです。お母さまに写メで撮影してもらう、ポカンXではただくわえるだけでなく、口角を上げて笑うようにすることで最大限の効果を発揮できます。
悪癖の一つ、指しゃぶりにも種類が多くあり、親指1本で指しゃぶりをしているようであれば前歯2本が出るような出っ歯になりますが、数本の指を加えているような指しゃぶりであれば、下顎が後ろに下がって出っ歯に見える歯並びになってしまいます。口輪筋の力が不足していると口をとじにくくなるため、閉じようとして唇をかみます。そうすることで、唇の上下の色が変わってきます。
悪癖を見つけて改善して上げるためには、パッと目に見えるあからさまなもの(猫背や口ポカン等)だけではなく、唇の色や指しゃぶりの仕方等、そのお子さまがどのように普段行動しているかを見る必要があることを学びました。
普段一緒にいるお母さまは以外とお子さまの悪癖には気づきにくいようです。
歯並びは今までの生活習慣の結果ですから、そこを私たちスタッフが見抜き、改善してあげることで後戻りがしないお口の環境作りをしていくことが大事だと思います。

私もたくさんの患者様にバイオセラピーや矯正のお話をさせていただいておりますが、今回の勉強会でより多くの知識を深く患者様へお伝えすることができると思います。

お時間を頂いた、ミナ先生、理事長、土曜日の診察をお休みさせていただき、カバーしてくれたスタッフのみなさんありがとうございました。




木村

投稿者: 医療法人社団徹心会