研修レポート

2015.07.07更新

        DENT NET ユーザーミーティングに参加してきました
                                             南口 受付 宮本・斉藤


先日、各医院の受付で使用している、予約ソフトの利用者ミーティングに出席してきました。正直、導入費用も高い為入れられる歯科医院さんは全国で5%しか現在利用してません。当院では3院経営している為、アポイントのトラブルも多かったのですが、受付の仕事がしやすいようにと理事長・ミナ先生が導入してくださいました。
導入した当時は、あまり利便性を感じなかったのですが、しばらくして感じた事は、PCからの情報を診察券に印字するのでアポイントのまちがいが全然なくなった事です。そして、3院ある為Drや患者様の医院間の移動が多くあり、その為にカルテが見当たらない事が多かったのですが、デントネット上で個別の診療履歴を追える為どこにあるかすぐわかるようになったので探す時間が大幅に短縮されました。

そんな素晴らしいソフトのデントネット。実際、携帯でもみれる便利なソフト位しか考えていなかったのですが、ミーティングに参加し、他院のデントネットの有効活用が当院と全然ちがっていたので驚かされました。
他の医院さんは当院より事細かく、患者様ごとのアイコン管理し、しっかりデントネットに情報を管理してだれでも共有出来るようになっておりました。

どの医院も抱えている問題の5つの①効率よく診療したい②待ち時間を減らしたい③予約管理をしっかりしたい④新規の患者様を増やしたいのがこのデントネット一つで解消される事も紹介していました。

今回の勉強会の中で一番興味深かったのがコミュニケーションシートを利用する事です。
受付やアシスタントさんが患者様と接した内容をPC上で管理、スタッフ間で共有することにより患者様との距離が縮まる事や、何度も同じ事を聞いたりすること等、不快にさせることなく患者様と接する事ができるツールです。

やはり、当院では何人ものアシスタントの方やDrがおり担当制をとっていないので、カルテの共有のみでおこなっておりますが、時間がかかる時もあるのでPC上で患者様の様子とかメモを確認できたらすごくいいと思っておりました。
今回のミーティングに参加し、自分の医院の特色にあわせて変えられる、デントネットの可能性をすごく感じました。それを踏まえて、受付の宮本さんと2人で医院さんに質問し、後日受付ミーティングでもみんなで話合い、みんなで共有致しました。今後も患者様の為に受付一同がんばっていきたいと思います。

  

投稿者: 医療法人社団徹心会