研修レポート

2015.05.20更新

フッ化物キシリトールQ&A まとめ

虫歯はなぜできるのか?どうしたら予防できるのか?

虫歯は、虫歯菌が糖分を栄養に歯垢と呼ばれるプラークと酸を作ることで、歯が解かされる病気で、この状態をそのままにしておくと歯に穴があきます。

虫歯の状態には段階があります。始まったばかりの目に見えない虫歯なら、唾液の働き(再石灰化)や歯垢除去で口腔内環境を良くして解けた部分を修復し、健康な状態に戻すことができます。しかし一旦穴が開いてしまうと健康な歯に戻すことはできません。穴を埋める処置が必要になります。

虫歯になる原因は(歯の質)(虫歯菌)(食べ物)の3つの要素が重なり合って時間を経ることで虫歯になります。その他にも年齢、健康状態、食生活習慣などの要素も関係してきます。

虫歯予防に効果的なこと
・規則正しい食生活
・歯磨き
・フッ化物の利用
・キシリトールの利用
・歯の定期的な健康診断
※虫歯になる原因は人それぞれ違います。患者様それぞれに合った予防方法を伝えることが大事です。

*フッ素の効果
歯に対して葉の質が丈夫になり酸に溶けにくい強い歯が作られます。さらに脱灰部分を元に戻そうとする働きがあります。
糖を分解してエネルギーを作る細菌に対しては、糖を分解する酵素の働きを邪魔する性質を持っていて、これにより細菌の活動を弱めることができます。

*キシリトールの効果
・プラークを作る材料にならない
・酸を作らない
・プラークの量を減らし歯磨きで落としやすくする
・ミュータンス菌を減らす
・再石灰化を助ける

キシリトールは継続して毎日食べることで効果が発揮されます。1日3回(虫歯になりやすい人は1日5回)食前、食後、間食の後などに摂ります。甘味材の50%以上がキシリトールであるものを選ぶことが重要です。

☆ガムをかめない人にはタブレットもあります。食べカスが出ないので、電車や車の中などの公共の場所でも利用しやすいです。乳幼児やお年寄り、歯の治療中の方、顎関節に問題のある方にもお勧めできます。

この本を読んでフッ素やキシリトールの効果的な使い方や、患者さんへの伝え方、患者さんが抱く疑問を知ることができました。上記のことをしっかり理解し、患者さん一人一人に合った予防方法を伝えることができるようになりたいと思いました。また、患者さんからの質問にも的確に答えられるようにしたいと思います。

勝田

投稿者: 医療法人社団徹心会

2015.04.27更新

日本臨床歯科 CADCAM学会 主催
平成27年第一回例会 
眞坂信夫先生「増加する歯根破折歯への対応」
に参加させていただきました。

眞坂先生は接着歯学の第一人者で、CADCAM学会も
接着にとても関連性が高くとても勉強になりました。

基本的に、縦破折した歯牙は保存不可能と言われてきていますが
その破折歯への保存の対応方法を学ぶことが出来ました。

その方法もシステマティックで、今まで救えなかった
ものを救う手段を勉強できてよかったです。

私が心に残った言葉は「維持管理」という言葉です。
予防に関しては、よく歯科業界の中で叫ばれている単語
ですが、この維持管理に関してはそこまで強く言われて
いないと思いました。
維持管理=メンテナンスです。
自分が処置したことに対する長期経過症例を
しっかり追い、メンテナンスしていく事は自分や医院の評価
になり患者様への保存の意識も高めていけます。
これから前期高齢者がさらに増加する日本では、予防も
大切ですが、処置した口腔への維持管理も非常に重要になってくる
と改めて学びました。

このような機会を頂き、理事長、ミナ先生ありがとうございました。

投稿者: 医療法人社団徹心会

2015.04.21更新

2015年4月19日(日)国際フォーラムにて矯正歯科経営勉強会に参加させていただきました。

「チームとして、明日から実践していく」を目的としたセミナーであったため、
先生だけでなく、先輩スタッフ2名と共に私もお話を聞かせていただけることになりました。

今回の内容は初診相談数が20人の中、成約率が50%、契約数が10人という事実に基いて、
初診のカウンセリングとアフターフォローについて学ばせていただきました。

まずはじめに、私たちスタッフの「3つのできない」について
1、 知らないから、できない
2、 上手くいかないから、できない
3、 分かっているのになぜか、できない

これらを思って、カウンセリングをしていると患者様も不安です。
知識という武器と技術を持って、「コーディネーター」としてお話を聞くことが大切です。
医師とコーディネーターが一丸となって行うカウンセリングですが
医師は治療、コーディネーターは問診と役割があります。
カウンセリングとはオーダーメイドですから患者様の不安や悩みを解消し、
アプローチだけではなくフォローもしっかり行うのが「コーディネーター」としての役割になります。

またカウンセリング時に患者様を3つのステージに分けて、
患者様ひとりひとりにあったプレゼンテーションをすることによって
患者様の聞きたいこと+αをお話し、1つずつクリアにしていきます。

① 初期段階「必要ですか?」 ・・・ 治療の必要性
② 相談に何件か行かれている「わかっている、でも」 ・・・ 不安の除去
③ どこではじめよう「病院選び」 ・・・ 優位性

相談に来た患者様の中でも目的や求めているものがこうも違います。
ですので、みんながみんな同じ内容でカウンセリングはしません。

患者の満足度をあげる為、4つのスキルがあります。
全てのセールスはこの4つのスキルで成り立っています。

アイスブレイク ... 患者の心を開く 受付、問診表、1日の流れの説明
↓ ↑の為の
ヒアリング ... 問診 問診表に基いてステージとハードルを把握する
↓ ↑の為の
プレゼンテーション ... ステージに応じたプレゼン 治療と契約
↓ ↑の為の
クロージング ... 意思決定 検査の予約、返事待ち

3つのステージと4つのスキルの流れを把握しカウンセリングをしていくことで
成約率を高めることにつながります。

また、患者様は直接ドクターには聞けないこと(ドクターの「腕」やパーソナルなど)がたくさんあります。
ですので優位性を伝えるためにもコーディネーターが問診することが
患者様の不安や不満を取り除くために必要となっていきます。

今回のセミナーに参加させて頂き、患者様の満足度を高めると共に成約率を高めるため
普段行っているカウンセリングを見つめ直し、改善していこうと思います。

こういった貴重なお時間をお作りいただき、
理事長先生、ミナ先生、先輩方には本当に感謝しております。

ありがとうございました。

ハートフル歯科  アシスタント 永田亜弥花

投稿者: 医療法人社団徹心会

2015.04.20更新

1月から、月に1回コーディネーター勉強会へ参加をさせていただいておりましたが、
昨日で最後の勉強会になりました。
ミナ先生とスタッフ2名の4名での参加で、コーディネーターとして学んできたの復習と
一緒に参加したスタッフやこれから学んで行くスタッフへの教育を考えて最後の勉強会へと参加させて頂きました。

私一人は勉強会へ参加し、それを スタッフ一人ひとりが私と同じように共有できることは
簡単なことではありません。
しかし、今回一緒に働いているスタッフと一緒に勉強会へ参加することで、共有できるスピードや内容の理解が変わってきます。

勉強会の最後には医院ごとに今後の仕事の仕方や、今までの改善点を話し合える場もいただけました。
ミナ先生とスタッフでの考えの共有はこれから仕事していく上でもとても大きな意味を持つ時間だと感じました。

1月から4回、毎月の診療時間の間に勉強会に参加させて頂き、理事長、ミナ先生、一緒にスタッフには感謝しております。
とても新鮮で貴重な時間でした。ありがとうございました。

ハートフル歯科医院 歯科技工士 コーディネーター 木村

投稿者: 医療法人社団徹心会

2015.02.23更新

ハートフル歯科医院では、一日でセラミック補綴治療が完了できるセレックを導入しています。

セレックは8000ものデータの中から、患者さまのお口に最適な歯牙のデザインを導きだしてくれます。

そこからさらに、機能的、審美的な歯牙にするために技工士が形成を行います。

先日、技工士で検討会を開き、歯牙の形態に関する知識の共有を行いました。

隣在歯や対合歯との関係、食物の流れや、食べ物を効率的に砕く形態

下の顎の位置を考えたクロージャーストッパーやイコライザーの設置などです。

より良いものを患者さまに届ける為に日々精進して参りたいと思います。


投稿者: 医療法人社団徹心会

2015.02.23更新

2月22日 第7回ステップアップセミナーへ行かせて頂きました。

矯正担当になって2年目に入ります。
この2年間、床矯正研究会での第一人者鈴木設矢先生の床矯正での考えに深く感銘を受け、
床矯正での小児矯正治療を進めて参りました。
ミナ先生とともにたくさんの患者さまの笑顔を見ることはとても充実感にあふれています。

今回のセミナーは私の中でスタート地点にもう一度もどり、再度床矯正を患者さまへお伝えするための勉強の時間となりました。
毎日歯医者さんにいるからこそ分からなくなってしまう患者さまからみた矯正治療に対して、どう説明していくか、バイオセラピーの重要性をお子さま含め親子で継続してもらう大切さをどう伝えるか、

スタッフだから患者さまに寄り添った、説明や指導が大切だと考えます。
現在通わせて頂いている、コーディネーター勉強会とも共通するところがあります。

また、バイオセラピーを普段は患者さまに教える立場ですが、実際に体験してきました。
正直、私もガムトレーニングやリットレ、危ないところが多いです。笑

それを毎日トレーニングとして行っている患者さま、そのサポートをしているお母さまは本当にすごいと思います。
初心に戻れて考え方を見直すことができるセミナーでした。

今後は後輩に床矯正の説明を教えていく立場になります。
つねに患者さまがどう思うか、感じるのかを考え、伝えていきたいと思いました。


ハートフル歯科 歯科技工士 木村

投稿者: 医療法人社団徹心会

2015.02.22更新

昨日2月22日(日) 床矯正治療のステップアップセミナーに参加させて頂きました。

講師には床矯正研究会主幹の鈴木設也先生をはじめ
鈴木晴子先生、大河内淑子先生、田中幹久先生が講師としてお話をして下さいました。
今回のセミナーでは床矯正治療を行っていく上で、出て来る疑問に対してまとめた講演と、
実際に多くの臨床経験のある講師の先生方に質問形式で答えて頂ける内容のセミナーでした。

床矯正治療とは、メカニカル処置・バイオロジカル処置の大きく2つに分かれ、
メカニカル処置とは床矯正装置やその他の装置を使用し行っていく処置です。
またバイオロジカル処置とは、食育やトレーニング、悪習癖の改善を行っていく処置になります。
そして、あくまでも咬合誘導がメインの治療になり、少しでも機能異常を無くし出来るだけ早い段階で
通常の成長に戻すように治療をしていく事が目的とした治療になります。
ゆえに、この床矯正の治療内容を理解して頂いた上で治療を開始する事がいかに大切であるかを改めて学びました。

審美的な矯正とは違く、成長発育を利用し機能の改善を図る為の治療になる事。
成長発育の小児が対象になる為、開始年齢が低い場合(第一次成長期と言われる9歳以下)は本人よりもご両親の意志が重要になる事など。
今回の講演では上記の内容をいかに患者様にイメージをさせられるか?
視覚に訴える事の重要性を再確認しました。
患者様への説明では、口だけ言葉だけの説明でなく説明ツールを積極的に有効活用していく事。
そして、裏付けをしながら説明する事が特に有効であると言うお話でした。
ハートフル歯科でも、患者様1人1人の治療経過を追う為のアルバムや小冊子
治療によっては症例写真や専門書など多くの説明ツールを使用していますが、
共感の言葉「なるほど~」と思って頂けるよう、今後の診療により力を入れていきたいと思いました。
出来るだけ身近な例えや驚きの考えが共感に繋がる事は、私自身「なるほど~」と
共感できる点でしたので尚更でした。

また、床矯正装置はあくまでも補助的な役割として理解して頂き。
メインは、「機能の改善」である為、
バイオロジカル処置を主とする事の大切さを再確認しました。
食育や食育だけでは補えないトレーニング(バイオセラピー)は、どうしても自宅に帰り行ってもらう
治療になりますので本人とご両親の協力がなければ円滑に治療を進める事が出来ません。
そのためには、1ヶ月に1回または2ヶ月に1回の来院の際にモチベーションを確認し、
適切な対応をする事を学びました。
どう患者様の生活の一部として取り入れて頂けるか?私自身考えて行きたいと思いました。
常に患者様と同じ目線で「支援」し、患者様の言葉に耳を傾けられるよう心掛けたいです。

今回のセミナーでは、その他にも症例を上げての説明や実際にバイオセレピーを
一緒にやってみたりなど、より詳しく参考にしたい知識を数多く学ぶ事が出来ました。
そして、今回学んだ事に対しては日々の診療に取り入れるだけでなくハートフル歯科の
スタッフ全員と共有していきたいと思います。

「全ては患者様の笑顔の為に・・・」



最後に
このような学ぶ場を与えて下さった理事長・ミナ先生に感謝します。
ありがとうございました。


ハートフル歯科 佐藤未来










投稿者: 医療法人社団徹心会

2015.02.13更新

2月12日に無呼吸症候群とその対処法についてという事で、
ドイツから来日したAndre Buscher先生のお話を聞いてきました。

ドイツではCMができる程、無呼吸症候群が話題になっており、
60歳を過ぎた男性の約6割、女性の約4割が無呼吸症候群に悩まされています。

では、日本は?

欧米より顎の小さい日本はこの傾向が強いのではないかと思います。
いびきは無害と危険の二つがあるらしく、危険なものが無呼吸症候群につながります。
一晩のうちに30回以上止まっている状態があれば無呼吸症候群にかかっています。
自分では気づきにくい問題です。

50秒から60秒止まる人もいて、無呼吸症候群は高血圧になりやすくなり、
心臓に過度の負担がかかり、寿命が縮まるとも言われているそうです。
対処法は、
食べ過ぎ飲み過ぎをしない、太っている人は体重を減らして、仰向けに寝るのを避けると若干楽になります。

が、歯科医院でマウスピースを作るのが一番効果的であるとの結論でした。

マウスピースは当院でも扱っています。
睡眠時に使用するスリープスプリントは、今後日本でも必要になるとAndre Buscher先生はおっしゃっていました。

無呼吸症候群と聞いてもピンとこない人が多いとおもいます。
しかし呼吸が寝ているときに10秒も止まっている状態が続いていると聞くととても恐ろしいですよね。
しかもそれがなんども続くとなると...
この病気にはかかりたくないというのが本心から出た気持ちでした。
家族やその友人がかかっているならすぐに、歯科を進めようと思いました。

セミナーに参加させていただき、理事長、ミナ先生、スタッフの皆様、
ありがとうございました。

ハートフル歯科 永田

投稿者: 医療法人社団徹心会

2015.02.12更新

ヨシダからTrofy社のチェアサイドCADCAM
に関する院内セミナーが行われた。
今年は、当院で力を入れている
院内のセラミック製作システム同様のシステムが
世界各社で発売され数年が過ぎ、薬事申請が終わり
日本にも数種類のCADCAM新製品の発売が始まります。
(CADCADM歯科治療とは、
コンピューター技術を用いて、
半自動でセラミックを作る仕組みの事です。)

そこで僕の所属する、日本臨床歯科CADCAM学会でも
その動向は気になっているために
多くの企業さんにご協力いただき
新製品のレクチャーを受けております。

現在の主力は、もちろんセレックと言われています。
その実力は、私たちも自信を持ってお勧めしております。

しかし、後発他社の実力は、未知数となっております。
そこを見極めることを、非常に重要視しています。

世界の歯科用CADCAM会社には、
シロナ社のセレックだけでなく、
3シェープという会社の物も存在し、
大きなシェアを持っています。

まだまだ、各企業の商品の上っ面だけの情報しか持たないのか、
営業マンレベルでは、何も情報がないのか。
欲しい情報は、つかめない状態です。

現在使用しているシロナ社のセレックシステムは、
閉鎖しているシステムなので、
他者連携がうまくできない状態です。
CADCAMの世界は、広がっています。
各企業間で競い合って開発をしています。
そのよい部分を取り入れたいのですが、
WindowsとMACのように
あまり仲良くなれない関係となっています。
最近はMAC側は、すっかりWindowsとのソフトの互換性をもち、
便利に使えるようになっています。
将来のCADCAM界もPDFのような
どこのパソコンでもきちんと開く、
見れるようになっていくはずです。

しかし、現在はその互換性に関して
検証も進んでいない状態です。
世界では開かれているCADCAMの互換性も
日本では、閉鎖されています。

その互換性をうまく見つけて、
設備投資に生かし、最新のコンピューター技術を
ハートフル総合歯科グループでは、
生かして診療に取り入れる予定です。
誰よりも早く、誰よりも的確に。
世界の最新歯科治療を導入していきます。

全ては、全国の患者さんの笑顔の為に・・・

投稿者: 医療法人社団徹心会

2015.01.16更新

1月15日に矯正歯科コーディネーター勉強会に参加させていただきました。
平日の13時からでしたのでスタッフに協力いただき行かせて頂くことができました。

矯正担当として、ミナ先生と矯正の患者さまを見させていただくようになり、1年が経ちます。
矯正治療はお子さまも成人の方でもほとんどの方が一生に1回の大きな決断であると思います。
経験がないから不安が大きく、心配になったりすることもあるかと思います。

そんな時に患者さまへの不安を最大限に聞き出し、サポートできるような存在になるための勉強会でした。
不安や悩みを持った患者さまがそれを打ち明けるというのはとても勇気がいることだと思います。
それを初対面のスタッフに打ち明けるということを改めて考え、その場合になんでも話せる・話せそうな雰囲気作りをすることがとても大事だということを学びました。

自分が患者さまの立場でもそう思います。
私たちの言葉の一つ一つが患者さまにとっては大きな影響力を与えます。
その場合に、誤った受け取り方をされないよう、言葉使い、マナー全てに細心の気遣いが必要となると思います。


20人ほどの少なめの人数で全員で発言をしていく感じのとても雰囲気がよく楽しい勉強会になりました。
2月、3月にも参加させて頂く予定でありますので、よりよい医院へ、スタッフへ向けて勉強してまいります。

ハートフル歯科 木村


投稿者: 医療法人社団徹心会

前へ 前へ