親知らずの抜歯

智歯2回法

下あごには、下顎神経という、下あごの運動や感覚にかかわる大きな神経があります。
親知らずの根っこが、この下顎神経にとても近い場合、抜歯をするときに神経を傷つけてしまう可能性があります。神経が傷つくと、麻痺が残ってしまうことがあります。

当院では安全に神経と歯の根っことの位置関係を精密に調べるため、3D的に確認できるCT撮影をしてから診断をしています。CT写真の結果、根っこの先と神経が、触れてしまうくらい近くにあるときには、抜歯を2回に分けて行うことがあります。

■1回目
親知らずを二分割して、頭の部分だけ抜きます。
6ヶ月〜8ヶ月期間をおくと、頭の部分を抜いてできたスペースにむかって、残りの半分の根っこの部分が伸びてきます。

■2回目
再度パノラマレントゲン写真で神経との位置を確認し、安全が確認できたら、残り半分の根っこを抜歯します。

初診時

施術前。親知らずの根っこの先が、神経と重なっているのが確認できます。
パノラマレントゲン写真(左上)CT写真(左下):横断面

抜歯

抜歯1回目

抜歯1回目

親知らずを分割して、頭の部分だけ抜きました。手前の歯との間に隙間ができています。

4ヶ月経過

4ヶ月経過

分割して頭だけ抜いた部分の隙間に向かって、根っこが移動しているのが確認できます。
下顎神経と根っこの先との間にも隙間ができてきました。

8ヶ月経過 抜歯2回目

8ヶ月経過 抜歯2回目

神経と根っことの先に隙間ができたのを確認して、残り半分の歯を抜歯しました。
神経を傷つけることもなく、安全に親知らずの抜歯が完了できました。