インプラント治療とCT

インプラント治療とCT

インプラント治療において、最も重要な要素は下記の3点です。

1.経験豊富なインプラント専門医であるか
2.インプラントに適した設備があるか
3.インプラント手術に適した体制があるか

1.経験豊富なインプラント専門医であるか

外科医が「ベテラン」と言えるレベルになるのは、通常200件以上の症例を扱ってからと言われていますが、歯科医院の場合頻繁に手術を行うわけではなく、年に数回の医院がほとんどというのが現実です。

しかし、当院は、年間100症例以上の手術を行っています。この数は、インプラントに対応している歯科医院の上位10%に該当します。

インプラントを導入している歯科医院は、現在全体の、約40%と言われているので、日本全国の約4%インプラント手術を当院にて行っていることになります。

これは、日本国内でトップクラスの手術数です。年に数えるほどしか手術を行っていない医院では、十分な症例数を経験出来ない状態で、インプラント手術にあたることになります。経験数が十分か、重要な条件ですね。

2.インプラントに適した設備があるか

CTがない場合

歯医者さんのほとんどは、インプラントの手術前に「パノラマ像」と呼ばれる2次元の画像を撮影し、判断します。人の骨は均等にできておらず、厚みのある箇所もあれば薄い箇所もあったりします。この詳細は、従来の正面から撮影したパノラマ像では認識することができません。
どのように見えるかというと、すべて同じような厚さとして見えてしまいます。また、上顎にある「上顎洞」と呼ばれる空洞が、パノラマ像で見ると曇って見えるため、骨が実際よりも厚く見えてしまいます。

上顎洞が曇っていると、骨のように見えるので厚みがある様に勘違いしてしまう事があります。
また、骨も2次元写真だと薄い部分も骨の形状もわかりづらいです。

多くの歯科医院で、こういった骨の厚みがわかりづらいパノラマ像と少ない経験で「これくらいであれば大丈夫だろう」という判断の基、穴を空けていきます。

万が一、これで骨を突き抜けるようなことがあった場合は、血管や神経まで巻き込む事故に発展してしまいます。
実際にそのような事故は発生しています。

赤いラインのところに神経がたくさんとおっていて、骨の内側や舌の周りには、血管が張り巡らされています。

上図のようにレントゲン2次元のレントゲン写真を元に診断を行ったうえで、インプラントを埋入します。骨の構造を正確に把握していない状態で穴をあけ、貫通してしまったら取り返しがつかないことになります。

CTを使用し安全なオペを

CT(コンピュータ断層撮影法)を使用すれば、骨の構造を立体的にはっきりと把握することが可能です。
どこまでが骨かということを、正確に把握して、安全な手術が可能です。

当院では、歯科用CTと、専用の院内ネットワークを整えているため、院内であればどこにいても、患者さまの骨の構造を確認することが出来ます。患者さまのためのシステムを備えています。

土台となる骨は、人によって全く異なります。骨の薄い部分も、厚い部分も様々です。
そのため、正確にインプラントを差し込むためには、この骨の構造を把握しなければなりません。
逆に、どんな形の骨でもCTを使って正確に把握していれば、穴を空けるも事故は起こらず、安全にインプラントを入れられます。

3.インプラントに適した体制があるか

インプラント手術には「経験豊富なインプラントチームメンバー」「厳密な生体モニターの体制」「手術室レベルの滅菌体制」が必須です。
しかし、このように体制がきちんと整っている歯科医院はそれほど多くありません。

ご本人が自覚していないことも多いですが、インプラント手術を受けられる方は、高血圧や糖尿病などの疾患にかかっていることが多いです。

また、インプラント手術は口の中という事もあり緊張される方が多く、心臓や精神状態に負荷がかかる状況にあります。

つまり、「どのように患者様の緊張を解きほぐすか」「手術中に患者様の状態を的確に把握する」ということが重要な課題になります。

ですので、安定した力を発揮するためのサポートメンバーの存在、常に体の状態を観察できる生体モニター、細菌感染を防ぎ、術後トラブルを回避するためのオペ室、多くの滅菌体制など必須です。

となりの椅子でむし歯治療などしながら、片手間でインプラント手術などもっての他だと考えております。