根管治療(根っこの治療)

根っこの治療(根管治療)とは

根っこの治療(根管治療)とは、虫歯が悪化して神経まで達してしまった場合に、根管(神経が通る管)の神経を取り除き、清掃・消毒し最終的なお薬をいれる治療のことです。

虫歯が神経まで到達してしまった場合には、神経を取り除く他に方法がありません。

神経を抜いてしまうと、歯の寿命が通常の半分になってしまうと考えられていますが、これは歯そのものが弱くなるということではありません。

よく枯れ木状態になるという話を聞きますが、歯の水分量が通常の歯より減少するわけでもありません。
しかし、神経を抜いた歯の生存率は神経を残している歯と比べると極端に下がるのは事実です。

これは、ご自身の歯質が虫歯になったり、削られ、少なくなってしまうことで、歯が割れてしまう危険性が上がるからです。

歯質を失う理由は「虫歯が大きかった。」「治療時に保険の銀歯にしたため」など様々ありますが、最新の治療設備や、技術であったり、被せ物の種類を変えるだけで改善できます。削る歯質の量は、変えられるのです。

ハートフル歯科では、根管治療をしても、可能な限り歯を残し、末永くご自身の歯で食べ物が食べられるように最先端のセレック・セラミックを応用した治療を積極的に行っております。

最新の根管治療(歯根治療)

根っこの治療(根管治療、歯根治療)は、インターネットが普及している現在、沢山の方に認知されている言葉です。
また、長い間苦しんでいる方が多い治療でもあります。

今までの治療は見えない部分の治療のため、レントゲンによる確認のみで手探りの治療になっていました。

そして、レントゲンだけでは歯根の現在の状態に気付けないこともあります。
そういった場合、薬が尖端まで入っておらず、治療後に痛みが残ってしまったり、数年後に化膿して再度治療が必要になるケースもあります。

最近では、少しでも良い設備、良い医療を求め、インターネットで調べる方がハートフル歯科に来院されることが非常に増えております。みなさん歯科用CTやマイクロスコープ、ラバーダムなどの最新設備を使った治療をご希望されています。

欧米の標準的な根管治療は、「目で見て確実な治療をする」ということ。

手探りの治療ではなくCTやマイクロスコープで状態を確かめて、正確な治療を行い且つラバーダムで唾液内の細菌感染を防ぎ、再発を防止します。

根管治療(歯根治療)の最新設備

ハートフル歯科では、拡大鏡(サージテル)、マイクロスコープ、歯科用CT、ラバーダム等最新の設備を完備しています。それらを使用して万全の態勢で根管治療を行います。

ラバーダムの必要性

治療対象の歯にゴムマスクをかけ、対象の歯だけが見えるようにする器具です。
これをすることによって下記のようなメリットがあります。

【1】 唾液の侵入を防ぎ、細菌感染の防止ができる。
【2】 治療する歯だけが見えるので、視野の狭いマイクロスコープでも治療しやすい。
【3】 乾燥させた状態で治療ができる
【4】 器具などを誤って飲み込む危険性がない

口内に小さなオペ室(ラバーダム内)を用意して無菌状態を作ります。その結果、細菌感染を防止しつつ治療を進めることができます。

根管治療における、歯科用CTの有用性

「CT」とは、コンピュータを用いてレントゲンデータから3次元の画像を構成する装置です。
歯科用では、レントゲン被曝が、医科用と比べて1/10 以下となり、非常に安全な診断器具です。

歯科用CTとは、その技術を歯科に特化させた装置で、医科用のCTと異なる点は、撮影時に医科は横になるのに対し、歯科用では立った状態で撮影が可能なことです。

また、最近では平面の写真ではなく立体(3D)写真の撮影が可能となり、複雑な根管の形態を把握させ、治療にも役立ちます。

銀歯や、根っこの中にお薬が入っているとハレーションという残像が出てきてしまい、診断の妨げになります。

根歯根の状態のみならず、痛みや腫脹などの原因の把握など可能になりました。
今まで以上に専門性の高い診断が可能なため、より正確で最適な治療が出来るようになりました。

マイクロスコープの有用性

日本国内では約2,000台ほどしか設置されていない貴重な機材です。
手術用の顕微鏡でハートフル歯科では、南口院に2台と北口院に1台用意しています。

日本では、導入している医院が少ないですが、欧米の根っこの治療の専門医では、マイクロスコープを使用した根管治療を行っております。

日々、治療器具の技術は進歩していて、枝分かれをしていたり曲がった根管もマイクロスコープで確認しながら進められます。良い結果に恵まれます。
また、根管先端まできっちりと薬を詰めるだけでなく、根管の小さな枝葉神経の穴も閉鎖できるようにもなりました。

ハートフル歯科では、従来手探りで行っていた根管治療をマイクロスコープやラバーダムを使うことによってより安全確実な治療へと進化させました。

拡大鏡(サージテル)の有用性

サージテルの2-7倍の拡大視野で大まかな治療を行います。
冠や金属土台の除去時には、削片から目を守り、金属と歯質との境界を明瞭にして、除去時に歯質の過剰切削を防いでくれます。

一般的に冠や金属土台の除去時に、歯牙に穴をあけたり、歯が割れたりする可能性があります。
拡大鏡や超音波を使用して、慎重に治療を行う事で安全に冠や金属土台を外しことが可能になります。

根管治療(歯根治療)の症例

【1】根管治療後のセラミック治療

銀歯の下に虫歯が出来てしまい、根管治療が必要になったケースです。

普通は根管治療をする際、歯を半分以上削る必要がありますが、半分以上残しつつ、被せ物をしています。
さらに、写真のようにかなり拡大して見ても分からないくらいきれいに治療が終了しました。

この患者さんはその後、下の大きな銀歯もセラミックに変えて、再治療にならないように定期的に健診に来ていただいています。

【2】他院で破折した、リーマー除去症例

根管治療中、根っこの洗浄をする器具の先が折れてしまう事がありますが、こうなってしまうと、手探りではとることが難しくなります。

しかしマイクロスコープを使えば、細かい部分を確認できるので、除去できます。

【3】歯牙の破折症例

歯が割れると抜歯する必要があります。教科書に破折歯は、根管治療が出来ないと記載されています。
ただ、その割れが見えづらく、気が付かないこともあります。
結果、痛みの根源、膿んでいる原因、腫脹の原因を見つけられないまま治療を継続してしまうといこともよくあります。

マイクロスコープを使用すると、肉眼では見つけにくい小さなひび割れを発見でき、痛みの原因を見つけられます。

この患者さまも、他院では痛みの原因が見つけられず来院されました。
数か月間通い続け、根管治療をされたそうです。
しかし、マイクロスコープで見たところ、ひび割れがすぐにわかり抜歯しました。ご本人にも映像を見て抜歯の必要性を納得していただいているので、治療に対して前向きになっていただけました。

抜いた歯を見ればひび割れが一目瞭然。
抜歯した歯は崩れやすくなっているため、抜こうとしたらすぐに崩れました。

マイクロ&CTを使った診断をすることによって、今まで見つけられなかった歯根治療の痛みの原因が発見できることも多いです。
原因とは、治療時に根管内に開けられた、破折・ひび割れや一般のレントゲンでは、見つけられなかった炎症などです。

ハートフル歯科では、南口と北口の両院でマイクロスコープを使った根管治療、歯根治療を行っています。
マイクロスコープや歯科用CTは、歯牙の保存にも役立ちますが、痛みや腫れ、膿んでいる原因を探ることも可能です。

歯を残すことで、残った歯を土台に被せものをすることが可能です。逆に抜いてしまっている場合はブリッジやインプラントの治療をすることは可能ですがご自身の歯が残っていれば費用も抑えより自然な治療ができるのは言うまでもありません。
ハートフル歯科の基本である「痛くない、削らない、歯を抜かない」マイクロ治療。
希望を失わず来院してみてください。