症例/患者様の声

インプラント症例

前歯の症例

左上前歯が割れてぐらぐらするので来院されました。
この場合、両側を削らず自然な仕上がりが期待できるインプラントが最適だと思われます。
前歯なので、抜歯した翌日までに仮歯を用意します。術後1ヶ月間の使用制限がありますが、痛くなくすぐに歯が入り、日常生活に支障をきたしません

6ヶ月後インプラントが骨を結合した後に本歯を作りました。
仮歯と違いよく噛めて色も自然に調和してどれがインプラントかわからないと喜ばれています。
※注 当日、仮歯が入れられない骨の状態の方もいらっしゃいます。ぜひご相談ください。

臼歯の症例

右上小臼歯の歯がないので、そこにインプラントを希望して来院されました。
写真の青丸の歯がインプラント部分です。
昔、銀歯の下が虫歯になり、その歯を神経治療することになりました。
最後には、歯が割れて2年前に抜歯になったそうです。
他の歯も失いたくないと、銀歯は、全てセレックに替えました。
術後は、細菌のコントロールも進み、将来的に自分の歯で生活していける自信がついたとおっしゃっています。