インビザライン

インビザラインとは

インビザラインとは、アライナーと呼ばれる透明マウスピースを使用した歯列矯正です。
2週間毎に形の違うアライナーに交換して徐々に矯正をしていく方法です。
ワイヤーを使用しないので、見た目では矯正していることがほとんど分かりません。通院頻度もワイヤー矯正に比べると抑えることが出来ます。

透明で見えない!

透明なので、外からは見えづらく矯正していることにほとんど気付かれません!
治療中でも口元を隠すことなく笑顔になれます。
当院のスタッフの中にもインビザラインをしているメンバーがいるので、来院した時に探してみてください。

取り外し可能

いつでも取り外しが出来るので、食事の時やハミガキの時に取り外せます。
歯磨きの際、ブラッシングもやりやすいのでワイヤー矯正と比べ衛生面に優れています。多忙な日常を送っている方にも支障があまりなくおすすめの治療方法になります。

「光」が作る精密な型

インビザライン以外にもマウスピースを使用した矯正はありますが、その他のマウスピース矯正は、技工士さんが模型に合わせて制作するのに対し、インビザラインは模型をCTで取り込み、立体画像できめ細かなシミュレーションをします。
シミュレーション画像は、患者さまも見ることができます。
そして、インビザラインのアライナーを作るのはなんと「光」です。人の手ではないので、ずれたりすることはなく調整も0.01ミリ単位で行えるのです!

インビザラインを補助する様々な矯正装置

歯並びの状況によってはインビザライン単体では治療が完結できないことがあります。

その場合はインビザライン治療前後に固定式の補助矯正装置を使用します。補助矯正治療の使用は通常3~6か月になります。マウスピースもしくは標準的なブラケットを使用します。

マウスピース:
インビザラインと同様タイプのリテーナー。取り外し可能。装着時に外から見えません。

ワイヤー矯正:
歯の表側にワイヤー矯正を行います。インビザラインだけ補正が難しい箇所がある場合に短期間の矯正で補てんします。
歯列状況によって、インビザラインの前後どちらで行うかを判断します。

お手入れ方法

使用中のアライナーはこまめに洗浄して使用してください。洗う時は歯を磨く時と同じように歯ブラシを使ってブラッシングしてください。また、インビザライン専用のクリーナーを使用すれば落ちにくい汚れも落とす頃ができます。汚れが気になる方にはおすすめしています。

外出する際は必ずインビザライン専用のケースに入れて携帯してください。紛失や置忘れを防止することにも役立ちます。